コニー・ブリットン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コニー・ブリットン
Connie Britton
Connie Britton
本名 Constance Elaine Womack
生年月日 1967年3月6日(47歳)
出生地 マサチューセッツ州ボストン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

コニー・ブリットン(Constance Elaine "Connie" Britton (旧姓Womack 1967年3月6日 - )はアメリカ合衆国の女優。

ABCシットコムスピン・シティ』(1996年~2000年)のニッキー・フェーバー役、プライムタイム・エミー賞主演女優賞ドラマ部門にノミネートされたNBC/ディレクTVのスポーツ・ドラマ『Friday Night Lights 』(2006年~2011年)のタミ・テイラー役[1]、プライムタイム・エミー賞主演女優賞 ミニシリーズ/テレビ映画部門にノミネートされたFXのホラー・ドラマ・シリーズ『American Horror Story 』(2011年)のヴィヴィアン・ハーモン役[2]などで知られる。映画出演は『プライド 栄光への絆』、『エルム街の悪夢』など。現在ABCのミュージカル・ドラマ・シリーズ『Nashville』のレイナ・ジェイムス役で主演している。

経歴[編集]

初期[編集]

マサチューセッツ州ボストンにて、父で物理学者のエドガー・アラン・ウォマックJrと母リンダ・ジェーン(旧姓コクラン)の間にコンスタンス・エレイン・ウォマックとして生まれる[3][4][5]。7歳の頃、両親と双子の姉妹のシンシア[6]と共にバージニア州リンチバーグに転居しE・C・グラス高等学校に進学。ダートマス大学に進学しアジア学を専攻。1989年の卒業後ニューヨークに転居しネイバーフッド・プレイハウスサンフォード・メイスナーの元で演技を学ぶ。

芸能活動[編集]

ネイバーフッド・プレイハウスで演技の勉強中、ニューヨークのコートヤード・プレイハウスでキャロライン・ケイヴァの『The Early Girl 』で舞台デビュー。クーパー・ローレンス演じるジョアンの相手役でベテラン売春婦の役を演じた。演技は好評であったが、ネイバーフッド・プレイハウスは在籍中にプロとしての出演を禁止しており危うく退学されるところであった。卒業後2年以上オフ・ブロードウェイで活動し、『The Brothers McMullen 』での成功後ロサンゼルスに転居、

1996年から2000年、『スピン・シティ』のニッキー・フェーバー役でレギュラー出演[7]。『24 -TWENTY FOUR-』第5シーズンでダイアン・ハクスリー役で出演。ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)のガールフレンドで大家の役であった。2006年にはインディーズスリラー映画地球が凍りつく日』の主演の一人であった。

主演テレビドラマ『Friday Night Lights 』で批評家の賞賛を受け、同作の映画化作品『プライド 栄光への絆』でもヘッド・コーチの妻役で出演[8]

ザ・ホワイトハウス』の第3シーズン『Manchester Part I and Part II 』『Gone Quiet 』ブルーノ・ジアネッリの陣営のメンバー役などいくつかのエピソードにも出演。リメイク版『エルム街の悪夢』にグウェンドリン・ホルブルック(愛称グウェン)役で出演[9]。『This American Life 』第429話ディヴィッド・フィンケル作のノンフィクション『The Good Soldiers 』からのモノローグ『Will They Know Me at Home? 』にも出演[10]

2011年、FXのホラー・ドラマ『American Horror Story 』にヴィヴィアン・ハーモン役で主演。悲劇的な結婚や家庭問題によりカリフォルニアに転居したばかりの女性の役で[11]、不幸にも彼らが急いで買った家には幽霊が出るのであった。

American Horror Story 』撮影終了後、新しい息子のために2ヶ月の休暇を申し出たが、デヴィッド・O・ラッセルとのコラボレーションのFXドラマの制作を始めなくてはならなかった。現在このプロジェクトは停止中である[12]

2012年3月6日、ABCのミュージカル・ドラマ『Nashville 』の主演として契約。40歳の落ち目のカントリー歌手、レイナ・ジェイムス役である[13][14][15]

プライベート[編集]

1991年から1995年、ジョン・ブリットンと結婚し、離婚後もこの姓で活動している。2011年11月、エチオピアから男児を養子にし、Eyob "Yoby" Britton と名付けた[16]。学生の頃は中国語を学んでおり、2012年のNPRのインタビューで「私はいつも女優になりたかったけれど、大学に通っている時に言語を学ぶ必要があり、中国語を話せるのはとても格好いいと思った。今では私の中国語は本当に本当にたどたどしい。でもこう思うようにした。最近は私の歌は私の中国語よりずっといい。」と答えている[17]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Connie Britton- Biography, Yahoo!
  2. ^ 'American Horror Story' Earns 17 Emmy Nominations, The Huffington Post, July 19, 2012
  3. ^ filmreference.com biography
  4. ^ http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=FB0B17FA3E5B1A7B93CBAB1789D95F478685F9
  5. ^ [1]
  6. ^ Interview with Chris Hardwick. Nerdist Podcast #157: Connie Britton, available at [2]. 10 Jan 2012.
  7. ^ Connie Britton's IMDB page
  8. ^ Connie Britton: 'The audience will feel socked in the gut'
  9. ^ Nancy's Mother Talks 'Elm Street' Remake and Keeping it Fresh
  10. ^ [3]
  11. ^ Stransky, Tanner (2011年3月18日). “'Friday Night Lights' star Connie Britton cast in Ryan Murphy's 'American Horror Story' pilot”. Entertainment Weekly. 2011年3月18日閲覧。
  12. ^ マイケル・オーシエロ (2011年2月4日). “Exclusive: Connie Britton Developing FX Drama with The Fighter's David O. Russell”. TVLine. 2011年12月15日閲覧。
  13. ^ NELLIE ANDREEVA (2012年3月6日). “Connie Britton To Star In ABC’s ‘Nashville’”. Deadline.com. 2012年3月6日閲覧。
  14. ^ NELLIE ANDREEVA (2012年3月6日). “Connie Britton cast in ABC drama pilot 'Nashville'”. Entertainment Weekly. 2012年3月6日閲覧。
  15. ^ マイケル・オーシエロ (2012年3月6日). “Scoop: Connie Britton Heads for Nashville With Lead in ABC Musical Drama Pilot”. TV Line. 2012年3月6日閲覧。
  16. ^ Jennifer Garcia (November 16, 2011). “Connie Britton Adopts a Baby Boy”. People. http://www.people.com/people/article/0,,20545811,00.html. 
  17. ^ TV's Britton Fights To Stay In Nashville's Lights”. NPR (2012年10月7日). 2012年10月7日閲覧。

外部リンク[編集]