地球が凍りつく日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
地球が凍りつく日
The Last Winter
監督 ラリー・フェセンデン
脚本 ラリー・フェセンデン
ロバート・リーヴァー
製作 ラリー・フェセンデン
出演者 ロン・パールマン
ジェームズ・レグロス
コニー・ブリットン
ザック・グリフォード
ケヴィン・コリガン
ジェイミー・ハロルド
ラリー・フェセンデン
編集 ラリー・フェセンデン
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年9月1日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
アイスランドの旗 アイスランド
言語 英語
テンプレートを表示

地球が凍りつく日』(ちきゅうがこおりつくひ、原題:The Last Winter)は、2006年映画。ジャンルはサスペンススリラー)、ホラー終末SF。ちなみに本作の舞台となるアラスカ州愛称は"The Last Frontier"である。

ストーリー[編集]

アラスカの大雪原に建設された、石油掘削基地。その開発計画は環境破壊を呼び、社会問題となっていた。ある日、隊員の1人が失踪。捜索の末発見されるが、「雪の中に何かを見た」という謎のメッセージを残し、男は死亡。それを境に奇怪な事件が多発し、隊員は次々と犠牲になっていく。セスナ機の墜落により、基地機能は麻痺。隊員たちは凍死の危機にさらされた。救援を呼ぶべく、雪原に踏み出したポラックとホフマン。そこで2人は、想像を超えた脅威と直面することになる。

キャスト[編集]

吹き替え[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:ラリー・フェセンデン
  • 脚本:ラリー・フェセンデン、ロバート・リーヴァー
  • 製作:ラリー・フェセンデン、ジェフリー・レヴィ=ヒント
  • 製作総指揮:ジャンヌ・レヴィ=ヒント、シガージョン・サイヴァッツォン
  • 編集:ラリー・フェセンデン
  • 音楽:ジェフ・グレイス
  • 撮影監督:G・マグニ・アグストソン
  • 美術:ハルフダン・ペダーセン
  • 衣装:ヘルガ・I・ステファンストットル
  • クリーチャーデザイン:ブラーム・レヴェル
  • 特殊メイク:ステファン・ジョーゼン・アグストソン
  • 視覚効果監修:グレン・マクウェイド
  • 第二班監督:グレン・マクウェイド
  • タイトルデザイン:グレン・マクウェイド
  • サンクス:ギレルモ・デル・トロ

各国のレイティング[編集]

  • アメリカ:未審査
  • 日本:未審査
  • イギリス:15
  • ドイツ:16
  • デンマーク:16
  • オーストラリア:M(15歳以上推奨)
  • カナダ:18A(18歳未満要保護者同伴)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]