ケープハイラックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケープハイラックス
Procavia capensis.jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: イワダヌキ目 Hyracoidea
: イワダヌキ科 Procaviidae
: ハイラックス属 Procavia
: ケープハイラックス P. capensis
学名
Procavia Storr1780
Procavia capensis (Pallas1766)
和名
ケープハイラックス
英名
Cape Hyrax
Rock Hyrax area.png
ケープハイラックスの生息図

ケープハイラックス又はロックハイラックスCape Hyrax, Rock Hyrax, Procavia capensis)はイワダヌキ目イワダヌキ科ハイラックス属の1種で、ハイラックス属唯一の現生種である。

他のハイラックスと同様、短い耳と尻尾の様子がモルモットに似ているが、別のであり、原始的な特徴をもった有蹄動物である。

南アフリカではダシー (dassies)、スワヒリ語では「ピンビ (pimbi)」「ペレレ (pelele)」「ウィバリ (wibari)」と呼ばれる。ピンビ、ペレレは、今ではハイラックス全部を指す。ケープハイラックスには多くの亜種がある。ロックハイラックスは、アフリカに住む亜種を指すことが多い。

ヘブライ語では שפן סלע (shafan sela) あるいは Rock Shafan と呼ばれるが、Shafan の語源は「隠れる」である[1]

形態[編集]

ケープハイラックスは1対の長いを持ち、切歯大臼歯サイに似ている。前足は足裏を地に付けており (plantigrade、後ろ足はほぼ、踵を付けずに歩く (semi-digitigrade。足裏は長く、柔らかく、汗に似た分泌物が出ている。オスはメスよりもやや大きい。

生態[編集]

地面や低い木の草・葉を食べる。

ケープハイラックスは生後2年か3年で妊娠 (gestationし、6~7ヶ月で出産する。新生児は十分生育しており、目も完全に開いており、毛も生え揃っている。生後2週間で固いエサを食べられるようになり、10週間で離乳する。生後16ヶ月で大人となり、3年で大人と同じ大きさになり、寿命は10年ほどである。

ハイラックスは80匹ぐらいまでの群れを作る。群れはいくつかのグループに分かれており、1グループは1匹のオスが率い、数家族から成る。ハイラックスはほとんどの時間、数匹が群れて、あるいは1匹でひなたぼっこをしていることが多い。これはハイラックスの体温が周囲の気温の影響を受けやすい、つまり恒温動物として未発達であるためとも言われている。


ケープハイラックスと医療[編集]

ケープハイラックスの尿などからはヒラセウム (hyraceumという薬ができ、てんかん痙攣発作 (convulsionsに効くとされる[誰?]

ギャラリー[編集]

出典[編集]

  1. ^ The Camel, the Hare and the Hyrax, chapter 6 (PDF)”. 2008年8月9日閲覧。

外部リンク[編集]