グレート・ウェスタン鉄道6000型蒸気機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
6000 King George V at Swindon having just hauled the last King-hauled train from Wolverhampton and Birmingham Snow Hill (1967?). Note the bell which was given to the engine when it toured America. This engine is now preserved.
6026 King John outside Swindon shed 1954.
6022 King Edward III outside Swindon shed, 1954.

グレート・ウェスタン鉄道6000型蒸気機関車(6000 Class)はイギリスのグレート・ウェスタン鉄道(Great Western Railway:GWR)が製造した急行旅客列車用テンダー式蒸気機関車の1形式である。各車の固有名から、キング型(King Class)とも呼ばれる。軸配置はテンホイラー(4-6-0あるいは2C)である。

概要[編集]

キング型はグレート・ウェスタン鉄道の技師長(Chief Mechanic Engineer:CME)であったチャールズ・コレットCharles Benjamin Collett:在任期間:1922年 - 1941年)やその部下のウィリアム・ステニアー(Sir William Arthur Stanier F.R.S.)らの手によって設計され、1927年から1930年にかけて、グレート・ウェスタン鉄道スウィンドン工場で6000 - 6029の30両が製造された。

設計[編集]

1926年にサザン鉄道が満を持して行ったロード・ネルソン・クラス[1]の新製投入は、パディントンのGWR広報部門に大きな衝撃を与えた。

なぜなら、これによって従来自社のキャッスル型(Castle Class)が保持していた「イギリス最強の機関車」という称号が奪われてしまったためである。

それゆえ、GWRの総支配人であったサー・フェリックス・ポール(Sir Felix Pole)はこの奪われた名誉ある称号の奪還を目指し、ロード・ネルソンを凌駕する強力な新型機関車の設計を自社CMEのコレットに命じた。40,000ポンド以上の牽引力を備え重量級急行旅客列車をおよそ時速60マイルで走行可能とする、その過酷な要求に対しコレットは、超キャッスル型と呼ぶべき基本デザインで応えた。

それは、スター型以来の単式4気筒という基本的なシリンダレイアウトを踏襲しつつ、使用圧力を既存のNo.1形の225ポンド/平方インチから25ポンド/平方インチ増圧して250ポンド/平方インチに昇圧した新設計のNo.12形(Type No.12)ボイラー、直径と行程を16フィート1/4インチ×28インチへ一回り拡大したシリンダ、入線可能線区を限定[2]することで22.5tへ引き上げられた軸重、ボイラー径の拡大と車両限界の制約、重心の低下と牽引力強化の必要性などから直径が2インチ半縮小されて6フィート6インチ(1981mm)となった動輪、それにマスバランスが良好な4気筒機の特性をフルに生かし様々な改良によって高回転化を実現した弁装置、といった様々な要素技術の組み合わせによる地道な、そして正攻法の性能強化策の積み重ねで成立したものであった。

こうして誕生した本形式は、ロールアウト直後の性能試験でポール卿に提示された性能要求を見事にクリアし、またイギリス最大の軸重とイギリス最長のノンストップ運転(ロンドン-プリマス間)という2大タイトルを獲得することで文字通りGWRの看板機関車となった。

大直径のボイラを搭載し、曲線通過時の横動範囲を大きくすべく先台車の第1軸をアウトサイドフレーム方式に変更[3]した、本形式の外観はその名の通り「王」の名に相応しい重厚さを備えていた。だが、その一方で既存のGWR在籍テンホイラー各機種にあった軽快感やスピード感にはやや欠けていた[4]

とはいえ、本形式はGWRがセイント型(Saint Class)以来開発を進めてきたスウィンドン工場製高速テンホイラー機群の頂点に立つ「王」たる機種であることには変わりはなく、その荘重かつ堂々とした外観は保守的なスタイルを好む英国民に広く愛好されたとされる。

製造[編集]

closeup of the bell.

本形式は宣伝を目的として計画された、というその出自ゆえに大量生産は当初より予定されていなかった。そのため、汎用急行旅客機であるキャッスル型の量産と平行する形で、運用上最低限必要となる30両が製造されるにとどまった。

もっとも、歴代の国王の名を冠する本形式は、その卓越した性能とその名称ゆえに国家としてのイギリスの威信を賭けた宣伝行為にも利用された。例えば、1927年6月に完成した初号機である6000号機 King George V[5]は完成直後にアメリカ合衆国へ送られ、ボルチモア・オハイオ鉄道(Baltimore and Ohio Railroad)開業100周年記念行事に参加した[6]ことが知られている。

運用[編集]

前述の通り軸重が大きな本形式は入線可能線区が著しく制限された。このため、イギリスの西部幹線であるパディントン-ウルヴァーハンプトン間で、それも軸重増大に伴う橋梁の補強あるいは架け替え工事完了後に限定運用された。

本形式の真価である強大な牽引力と優れた粘着特性は、この区間の内、ニュートン・アボット-プリマス間にある西デボンの急勾配区間で最大限に発揮された。

なお、本形式はキャッスル型譲りの優れた燃費で知られていたが、それはGWRが擁するウェールズ産の高カロリー炭あってのものであった。それゆえ、戦後1947年には優良品質のウェールズ炭が入手難となったことから性能が低下した。

そこで燃焼効率の改善による性能回復を目的として6022号機 King Edward IIIで新設計の高効率4列過熱管[7]のテストが開始され、これが好成績を収めたため、以後順次各機の改修が実施された。

高出力の高性能機であって初期のディーゼル機関車では代替が困難であったためか、本形式は少数派ながら全車揃って1962年まで現役[8]で残されており、この年に全車廃車となっている。

諸元[編集]

  • 全長 20,777mm
  • 全高 mm
  • 軸配置 2C(テンホイラー)
  • 動輪直径 1,981mm
  • 弁装置:
    • 内側シリンダー:ワルシャート式弁装置
    • 外側シリンダー:ロッキングバーにより内側シリンダーの弁装置から駆動
  • シリンダー(直径×行程) 412.75mm×711.2mm [9]
  • ボイラー圧力 17.57kg/cm² (= 250lbs/in2 = 1.72MPa))
  • 火格子面積 3.19m²
  • 機関車重量 89t
  • 最大軸重 22.5t
  • 炭水車重量 46.64t

一覧[編集]

番号 固有名 日付 配置 備考
新製 過熱管4本化 廃車 初配置 最終配置
6000 King George V 1927-06 1956-12 1962-12 Old Oak Common Old Oak Common Shipped to America August 1927 to join in Baltimore & Ohio Centenary celebrations. Presented with bell and cabside medallions. 'Alfloc' water treatment fitted 1954. 1,910,424 miles recorded on withdrawal. Bought by Bulmer's Railway Centre, Hereford. Preserved, Swindon Steam Railway Museum
6001 King Edward VII 1927-07 1956-02 1962-09 Old Oak Common Wolverhampton, Stafford Road Scrapped at Cox & Danks, Oldbury
6002 King William IV 1927-07 1956-03 1962-09 Plymouth Laira Wolverhampton, Stafford Road 'Alfloc' water treatment fitted 1954. Scrapped at Cox & Danks, Oldbury
6003 King George IV 1927-07 1958-07 1962-06 Old Oak Common Cardiff Canton Involved with incident at Midgham August 1927 when bogie derailed producing redesign of bogie springing on the whole of 'King' class. Scrapped by Swindon Works
6004 King George III 1927-07 1958-07 1962-06 Plymouth Laira Old Oak Common Scrapped by Swindon Works.
6005 King George II 1927-07 1956-07 1962-11 Old Oak Common Old Oak Common 'Alfloc' water treatment fitted 1954. Scrapped at Cashmore's, Great Bridge.
6006 King George I 1928-02 1956-06 1962-02 Plymouth Laira Wolverhampton, Stafford Road 'Alfloc' water treatment fitted 1954. Scrapped by Swindon Works.
6007 King William III 1928-03,
replaced
1936-03
1956-09 1962-09 Old Oak Common Wolverhampton, Stafford Road Severely damaged in Shrivenham collision 15th January 1936 and condemned 5 March 1936. Replacement 6007 King William III built March 1936 using some parts of the original engine. 'Alfloc' water treatment fitted 1954. Scrapped at Cox & Danks, Oldbury
6008 King James II 1928-03 1958-12 1962-06 Plymouth Laira Wolverhampton, Stafford Road 'Alfloc' water treatment fitted 1954. Scrapped by Swindon Works.
6009 King Charles II 1928-03 1956-05 1962-09 Old Oak Common Old Oak Common 'Alfloc' water treatment fitted 1954. Scrapped at Cashmore's, Newport.
6010 King Charles I 1928-04 1956-03 1962-06 Plymouth Laira Cardiff Canton Scrapped by Swindon Works.
6011 King James I 1928-04 1956-03 1962-12 Old Oak Common Old Oak Common 'Alfloc' water treatment fitted 1954. 1,718,295 miles recoreded on withdrawal. Scrapped by Swindon Works.
6012 King Edward VI 1928-04 1958-02 1962-09 Newton Abbot Wolverhampton, Stafford Road 'Alfloc' water treatment fitted 1954. Scrapped at Cox & Danks, Oldbury
6013 King Henry VIII 1928-05 1956-06 1962-06 Old Oak Common Wolverhampton, Stafford Road 'Alfloc' water treatment fitted 1954. Scrapped by Swindon Works
6014 King Henry VII 1928-05 1957-09 1962-09 Newton Abbot Wolverhampton, Stafford Road Fitted with streamlining from March 1935, but all removed by January 1943 except for 'v'-shaped cab. 'Alfloc' water treatment fitted 1954. 1,830,386 miles on withdrawal. Scrapped at Cox & Danks, Oldbury
6015 King Richard III 1928-06 1955-09 1962-09 Old Oak Common Wolverhampton, Stafford Road 'Alfloc' water treatment fitted 1954. Scrapped at Cox & Danks, Oldbury.
6016 King Edward V 1928-06 1958-01 1962-09 Plymouth Laira Wolverhampton, Stafford Road 'Alfloc' water treatment fitted 1954. Scrapped at Cox & Danks, Oldbury
6017 King Edward IV 1928-06 1955-12 1962-07 Old Oak Common Wolverhampton, Stafford Road 'Alfloc' water treatment fitted 1954. Scrapped at Cox & Danks, Oldbury
6018 King Henry VI 1928-06 1958-03 1962-12 Plymouth Laira Cardiff Canton Re-instated to work last King journey under BR from Birmingham via Southall to Swindon. Scrapped by Swindon Works
6019 King Henry V 1928-07 1957-04 1962-09 Wolverhampton, Stafford Road Wolverhampton, Stafford Road Scrapped at Cashmore's, Newport.
6020 King Henry IV 1930-05 1956-02 1962-07 Plymouth Laira Wolverhampton, Stafford Road 'Alfloc' water treatment fitted 1954. Scrapped at Cox & Danks, Oldbury.
6021 King Richard II 1930-06 1957-03 1962-09 Old Oak Common Old Oak Common Scrapped at Cashmore's, Newport.
6022 King Edward III 1930-06 1956-05 1962-09 Plymouth Laira Wolverhampton, Stafford Road 'Alfloc' water treatment fitted 1954. Scrapped at Cox & Danks, Oldbury.
6023 King Edward II 1930-06 1957-06 1962-06 Newton Abbot Old Oak Common Acquired by Woodham's, Barry in December 1962. One pair of driving wheels severely damaged in a shunting incident. Sold to Brunel Trust, Bristol Temple Meads and left as the 159th departure from Barry December 1984. Preserved (with new driving wheels having been cast; the only steam locomotive in preservation to have received such treatment), Didcot Railway Centre
6024 King Edward I 1930-06 1957-03 1962-06 Plymouth Laira Cardiff Canton Acquired by Woodham's, Barry in December 1962. Sold to Quainton Road, Bucks and left as the 36th departure from Barry March 1973. Preserved, based Tyesley, Hereford or Paignton
6025 King Henry III 1930-07 1957-03 1962-12 Old Oak Common Old Oak Common Scrapped by Swindon Works.
6026 King John 1930-07 1958-03 1962-09 Old Oak Common Old Oak Common Scrapped by Swindon Works.
6027 King Richard I 1930-07 1956-08 1962-09 Old Oak Common Wolverhampton, Stafford Road Scrapped at Cox & Danks, Oldbury.
6028 King George VI 1930-07 1957-01 1962-11 Old Oak Common Cardiff Canton Originally built as King Henry II, renamed January 1937. 1,663,271 miles at withdrawal. Scrapped at Bird's, Newport. Involved in Norton Fitzwarren rail crash, 1940; severely damaged but repaired.
6029 King Edward VIII 1930-08 1957-12 1962-07 Old Oak Common Old Oak Common Originally built as King Stephen renamed May 1936. Scrapped at Cashmore's, Newport

保存車[編集]

Today, a static exhibit in the Swindon Railway museum.

少数しか製造されず、しかも大軸重で入線可能線区が限られる大型機であったにもかかわらず、現在、6000号機 King George V、6023号機 King Edward II、そして6024号機 King Edward Iの3両が保存されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ リチャード・マンセル(Richard Maunsell)設計のテンホイラー。850 - 865の16両が1926年から1929年にかけて新造された。
  2. ^ 例えばプリマス以西やシュローズベリー以北、あるいはオックスフォード-ウースター線での運用は不可能であった。
  3. ^ これに対し第2軸は外側シリンダと干渉するため、従来通りの内側台枠とされた。なお、この先台車は後年側枠の亀裂が多発し、補強板の溶接による強化が実施されている。
  4. ^ もっとも、当時のスウィンドン工場ではかつてのNo.111 The Great Bearでの過大重量に起因する不成功故に、LNERのA1/A3クラスをはじめとする技術面での競合形式で採用が始まっていたパシフィック形(軸配置2C1)は禁句となっており、特に軸重引き上げで設計上ナーバスにならざるを得ない本形式では採用したくとも採用できない状況であった。また、パシフィック機には引き出し時の後方への重心移動に起因する従軸軸重の過大化と、これに伴う動輪の軸重低下による空転が発生しやすいという問題点があり、この点では引き出し時の重心移動によって動輪の軸重を一時的に増大させる効果が得られるテンホイラーの方が有利であった。
  5. ^ 当時のイギリスの元首であるジョージ5世の名を冠しており、その位置づけは特別なものであった。
  6. ^ この際、同機は記念の鐘と銘板を与えられ、廃車までThe Bellの愛称で知られた。なお、この鐘(車両限界の制約から、アメリカで一般的なボイラー上ではなく、前面デッキの中央下部にある内側シリンダー露出部前のエンドビーム上に設置された)と銘板はスウィンドン工場跡地に設立されたグレート・ウェスタン鉄道博物館(GWR Museum, Swindon)に保存されている同機に現在も取り付けられている。
  7. ^ これはホール改型(Modified Hall Class)やカウンティ型(County Class:1000 - 1029)の成果を反映したものである。
  8. ^ これは本形式が大事故に巻き込まれる機会が極端に少なく、事故廃車が発生しなかったことによる所も大きい。
  9. ^ 単式のため4気筒とも同一サイズ。