クリストファー・マグワイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クリストファー・マグワイア(Christopher McGuire、1975年11月28日 - )はアメリカミュージシャンドラマーアレンジャープロデューサーロックバンドくるりの元ドラマー。

来歴[編集]

人物・エピソード[編集]

  • 自身のドラム演奏に誇りを持ち、「ドラマー」ではなく「ドラムセットプレーヤー」と呼んでいる。
  • くるりのシングル『ロックンロール』のタイトルはクリストファーのMCからとられた。
  • 自身がくるりに加入する前のくるりがアメリカでツアーを行っていたある日、当時のくるりの最新アルバム『THE WORLD IS MINE』を渡され、特に『GO BACK TO CHINA』を気に入り一晩で33回聴いた。
  • 岸田繁曰く、「『アンテナ』はクリストファーのアルバム」。
  • 日本語はほとんど喋れず、幼稚園児ほどの単語力だと言う(FACTORY #0095、加入当時)。

外部リンク[編集]