クリストファン・フェレイラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クリストファン・フェレイラ(Cristóvão Ferreira, 天正8年(1580年)頃 - 慶安3年10月11日1650年11月4日))は、16世紀ポルトガル宣教師イエズス会士であったが、日本において拷問によって棄教し、沢野忠庵(さわの ちゅうあん、忠安とも)を名乗ってキリシタン弾圧に協力した。遠藤周作の小説『沈黙』のモデルとなった。

生涯[編集]

ポルトガル・ジブレイラ出身のイエズス会司祭フェレイラが来日したのは、すでに布教が困難を極めた1609年(慶長14年)であった。日本語にすぐれ、日本のイエズス会の中心となって働いていたが、日本管区の管区長代理を務めていた1633年(寛永10年)に長崎で捕縛された。

寛永10年9月17日(1633年10月18日)、長崎において中浦ジュリアン神父らと共に穴吊りの刑に処せられた。この刑は、過酷な苦痛をもたらすが事前になかなか死なないように処置をされ、しかし棄教の意思表示は自由にできるようにされるため、耐え抜くのは困難であった。その中でも他の者はすべて殉教したが、5時間後にフェレイラのみが耐え切れず棄教した。

棄教したフェレイラは沢野忠庵を名乗り、日本人妻を娶った。以後は他の棄教した聖職者、いわゆる転びバテレンと共にキリシタン取締りに当たった。1644年(正保元年)にはキリスト教を攻撃する『顕疑録』を出版した。これとは別に、天文学書『天文備用』や医学書『南蛮流外科秘伝』などにより、西洋科学を日本に伝えている。

管区長代理であったフェレイラの棄教は、イエズス会とヨーロッパのカトリック教会に衝撃を与え、多くの宣教師が日本潜入を志願した。実際に潜入した宣教師たちは、捕縛され、ある者は殉教し、ある者は棄教した。棄教した司祭の中に、フェレイラと共に遠藤周作の『沈黙』のモデルとなったジュゼッペ・キアラがいる。

『日本切支丹宗門史』を記したレオン・パジェスは、フェレイラが死を直前にしてキリスト教に立ち帰ったと伝えるが、事実は定かではない。なお、遠藤周作はフェレイラの子孫と名乗る女性に会ったことを書き残している。フェレイラの娘婿に門下の医師・杉本忠恵がいて、のちに幕医となっている。

参考文献[編集]