クシャダス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クシャダス
Kuşadası
トルコの旗
Kusadasi02.jpg
位置
の位置図
座標 : 北緯37度02分 東経27度26分 / 北緯37.033度 東経27.433度 / 37.033; 27.433
行政
トルコの旗 トルコ
 地方 エーゲ海地方
  アイドゥン県
 市 クシャダス
地理
面積  
  市域 264 km2 (101.9 mi2)
標高 11 m (36 ft)
人口
人口 (2000年現在)
  市域 65,764人
その他
等時帯 東ヨーロッパ時間 (UTC+2)
夏時間 東ヨーロッパ夏時間 (UTC+3)
郵便番号 09400
市外局番 256
ナンバープレート 09
公式ウェブサイト : http://www.kusadasi.bel.tr

クシャダストルコ語:Kuşadası)はトルコ共和国の西部、アイドゥン県にある都市。 かつて高度な文明を築いた古代都市エフェソスの港として繁栄した、小アジア最大の貿易港。今ではエーゲ海に隣接するリゾート地。坂と海の多い景観が美しいとされ、トルコ人にもその他外国人にも観光地として名高い。

歴史[編集]

クシャダスは、古代イオニアにおいて、 Pygelaという名のエフェソスの前哨地(外港)であった。 キリスト教初期の時代である紀元前2世紀、ローマ帝国が沿岸部を支配した。聖母マリア使徒ヨハネはこの一帯に住んだ。キリスト紀元(出生)の頃、この地域はAniaとして知られていた。しかし実際には、港は海賊の集り場で、高い精神性が養われることは無かった。

その後、ビザンチンヴェネツィアジェノヴァの商人が海岸で貿易を始めると、島に軍隊が駐屯するようになり、丘にあった町も海岸沿いに移動した。

1086年より、テュルク人の支配下となり、このエーゲ海の港がオリエントに向かうキャラバンの最終目的地となった。しかし十字軍によって破壊され、街は再び1280年までビザンチンによって支配され、その後ベイリクメンテシェ侯国アイドゥン侯国の支配を受けた。1413年メフメト1世率いるオスマン帝国の支配下となる。オスマンは市壁やキャラバンサライを造った。

外部リンク[編集]


座標: 北緯37度51分36秒 東経27度15分36秒 / 北緯37.860度 東経27.260度 / 37.860; 27.260