アイドゥン侯国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セルチュクイサ・ベイ・モスク。1375年、アイドゥン侯国により建立。

アイドゥン侯国(‐こうこく、Aydınoğlu)はビルギに都し後にアヤスルー(Ayasluğ、現セルチュク)に遷都した、14世紀ルーム・セルジューク朝の衰退期にオグズ諸部族により建国された辺境の君侯国(ベイリク)の一つ。国名は創始者のアイドゥノール・メフメド・ベイ(Aydınoğlu Mehmed Bey)に因む。

イズミルの港の一部を最後まで領有し続け、断続的にその町を領有していた時期もあった。特にアイドゥンの息子アイドゥノール・ウムル・ベイ(Aydınoğlu Umur Bey)の治世では強い海軍力を持った。

この国が最初にオスマン帝国に組み入れられたのは1390年だが、ティムール朝アナトリア侵略が起きた1402年以降反乱し、1425年の平定で完全にオスマン帝国の一部となった。

都市名のアイドゥンはこの王朝名に由来する。

脚注[編集]