メンテシェ侯国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メンテシェ侯国(‐こうこく、Menteşe1260年 - 1424年)は南西アナトリアミラスに都し、そこに近いベチンという城から統治していた、オグズ諸部族によりルーム・セルジューク朝の衰退期に形成された辺境の君侯国(ベイリク)の一つ。国名は創始者のメンテシェ・ベイに因む。国土の中心は今日のトルコムーラ県にあたる。

主な都市はベチン、ミラス、バラトフィニケカシュ、マール(現フェトヒイェ)、ムーラチャメリアチュパヤムタヴァスボズドアンチネアイドゥン(旧称トラッレス)もこの国に支配されていたことがあり、メンテシェ支配下ではギュゼルヒサル(Güzelhisar)と呼ばれていた。この都市は後にアイドゥン侯国領となり、創始者の名を取ってアイドゥンと改名された。メンテシェは1300年から1314年の間ロードス島も支配下に入れる程の強い海軍力があった[1]。また、ミラスのフィルズ・ベイ・モスクやバラトのイルヤス・ベイ・モスクのような建築物を遺した。

最初にオスマン帝国の支配下に入ったのは1390年バヤズィト1世の治世である。1402年ティムール朝の侵攻で一時的にメンテシェは復活したものの、1414年には再びオスマンの支配下となり、1424年には完全にオスマン帝国の一部となった。

今日のムーラ県はトルコ共和国初期まではメンテシェ・サンジャク(県)と呼ばれていたが、県都は15世紀中にムーラへ移された。

出典[編集]

  1. ^ Hans Theunissen. “Chapter V of Ottoman-Venetian diplomatics, the Ahd-Names "Venice and the Turkoman Begliks of Menteşe and Aydın"” (English). Leiden University. 2008年6月24日閲覧。

外部リンク[編集]