キールウミワタリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キールウミワタリ
Cerberus rynchops.jpg
キールウミワタリ Cerberus rynchops
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svgワシントン条約附属書III
インド
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : ヘビ亜目 Serpentes
: ミズヘビ科 Homalopsidae
: ウミワタリ属 Cerberus
: キールウミワタリ C. rynchops
学名
Cerberus rynchops
(Schneider, 1799)
和名
キールウミワタリ
英名
Dog-faced water snake

キールウミワタリCerberus rynchops)は、ミズヘビ科ウミワタリ属に分類されるヘビ。

分布[編集]

インド、インドネシアタイパプアニューギニアバングラデシュフィリピンマレーシア

形態[編集]

全長50-100 cm。和名は本種の鱗に筋状の盛り上がり(キール)があることに由来する。

生態[編集]

主に汽水域に生息するが、サンゴ礁や淡水に進入することもある。夜行性で、魚類甲殻類等を食べる[1]。海を渡り生息域を広めたとされ、回遊を行うとされるがどのようなルートをたどるのか詳細は不明。

繁殖形態は卵胎生で、1回に4-26個の卵を産む。

人間との関係[編集]

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。主に野生個体が流通し、流通量は少ない。汽水域から海洋に生息するため、新しい汽水(塩分を加えた水)で飼育しないと皮膚病を起こすことが多い。

参考文献[編集]

  • 山田和久『爬虫・両生類ビジュアルガイド ヘビ』、誠文堂新光社、2005年、105頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]