キーラ・グレイシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キーラ・グレイシー
Kyragracie2.jpg
基本情報
本名 キーラ・グレイシー・ギマラェンス
(Kyra Gracie Guimaraes)
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1985年5月29日(28歳)
出身地 ブラジルの旗 ブラジル
リオデジャネイロ州リオデジャネイロ市
所属 グレイシーバッハ
身長 169cm
体重 53kg
スタイル ブラジリアン柔術
テンプレートを表示

キーラ・グレイシーKyra Gracie、女性、1985年5月29日 - )は、ブラジルブラジリアン柔術家。リオデジャネイロ市出身。グレイシーバッハ所属。

ブラジリアン柔術創始者カーロス・グレイシーのひ孫(カーロスの次男カーロス・ホブソン・グレイシーの娘フラビア・グレイシーの娘)。ヘンゾハウフハイアンは叔父にあたる。

人物[編集]

来歴[編集]

2003年4月、アメリカ合衆国カリフォルニア州で開催されたパンアメリカン柔術選手権に出場。紫帯スーパーフェザー級の準決勝で藤井惠をポイント判定、決勝でも茂木康子を一本で下し、優勝を果たした。

2003年8月6日のスマックガールで藤井惠との対戦が予定されていたが、直前になってビザの問題などで来日は実現しなかった。

2004年9月に初来日し、9月4日に開催された女子格闘技興行「CROSS SECTION」をリングサイドで観戦した。

2004年9月14日フジテレビで放送された番組「世界衝撃のスゴびっくり!大集合格闘王スペシャル!!」のスタジオで、芸人三又忠久と柔術マッチで対戦。オモプラッタからの三角絞めを仕掛け、三又が逃れたところに巴投げからの腕ひしぎ十字固めで1分13秒タップアウト勝ち。

2005年5月、アブダビコンバット女子60kg未満級の1回戦でエリカ・モントーヤに勝利、準決勝で藤井惠を腕ひしぎ十字固めで下すと、決勝でレカ・ヴィエイラをポイント判定8-0で下し、優勝。

2006年7月、ブラジリアン柔術世界選手権(ムンジアル)に出場し、女子茶・黒帯レーヴィ級で優勝。ムンジアルの黒帯を初制覇する。

2006年10月、世界ブラジリアン柔術連盟(CBJJ)主催の国際大会「第1回ブラジリアン柔術アジア選手権」(アジアチコ)で日本初試合。女子茶・黒帯レーヴィ級トーナメント(決勝ワンマッチのみ)で服部恵子を判定で下し、優勝。

2007年5月、アブダビコンバット女子60kg未満級の準決勝で赤野仁美、決勝でタラ・ラローサを下し、2連覇を果たした。無差別級では1回戦でアネッチ・クアドロスに敗北。

獲得タイトル[編集]

  • パンアメリカン柔術選手権(パンナム) 女子青帯レーヴィ級 優勝(2001年)
  • パンアメリカン柔術選手権(パンナム) 女子青帯レーヴィ級 優勝(2002年)(2連覇)
  • パンアメリカン柔術選手権(パンナム) 女子紫〜黒帯プルーマ級 優勝(2003年)
  • ブラジリアン柔術世界選手権(ムンジアル) 女子紫〜黒帯ペナ級 2位(2004年)
  • ブラジリアン柔術世界選手権(ムンジアル) 女子茶・黒帯レーヴィ級 2位(2005年)
  • ブラジリアン柔術世界選手権(ムンジアル) 女子茶・黒帯レーヴィ級 優勝(2006年)
  • 第6回 アブダビコンバット 女子60kg未満級 優勝(2005年)
  • 第7回 アブダビコンバット 女子60kg未満級 優勝(2007年)(2連覇)
  • 第9回 アブダビコンバット 女子60kg未満級 優勝(2011年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]