ガンランチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガンランチャー(Gun/Launcher=砲/発射器)は、砲弾対戦車ミサイルの双方が発射可能な大口径ののこと。ガン/ランチャーと表記する場合もある。

概要[編集]

ガンランチャーからシレイラミサイルを発射するM551

1950年代アメリカ合衆国ソビエト連邦戦車の重装甲化により、将来的に戦車砲から発射される従来の徹甲弾ではそれらを撃破できなくなるとの危惧を抱き、成形炸薬弾(HEAT)の威力に注目し始めた。

成形炸薬弾は弾頭口径の大きさに比例して装甲貫徹力が増す傾向があるため、大口径であるほど破壊力が増加する。しかし通常の砲弾では口径が大きくなれば弾体重量が増加するため遠距離まで通常の戦車砲で打ち出すには問題が多かった。このため自己推進力を持ち長射程を得やすい対戦車ミサイルを戦車に搭載する事が考えられ、対歩兵・陣地用の榴弾を発射する大口径・短砲身の火砲を利用してミサイル発射器とを両立させたガンランチャーが開発される事となった。

アメリカでは1960年代に152mm口径のM81ガンランチャーと専用のMGM-51シレイラ対戦車ミサイルが開発され、M511シェリダン空挺戦車に採用されてベトナム戦争に実戦投入された。さらに当時の主力戦車であるM60パットンに搭載したM60A2戦車が少数生産された。しかしベトナム戦争では、誘導ミサイルの技術が共産陣営に渡ることが危惧されたためミサイルの運用は行われなかった。

また、1970年代西ドイツと進められた主力戦車の共同開発計画であるMBT-70においても、西ドイツ側が120mm滑腔砲の搭載を求めたのに対し、アメリカ側はガンランチャーの採用を主張、開発費用の高騰などによりこの計画は頓挫している。結局、M511シェリダンの使用実績からシステムが複雑で信頼性に乏しく実用的でない事、APFSDSなどの強力な戦車砲弾が出現した事などから、ガンランチャーは廃れる事となり、M1戦車には120mm滑腔砲が採用された。

現在は戦車砲の大口径化やミサイルの小型化技術により、イスラエルLAHATロシア9M119の様に、逆に通常の戦車砲から発射可能な対戦車ミサイルが登場している。

ガンランチャーを搭載するおもな戦車[編集]

関連項目[編集]