ガエターノ・マルティーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イタリアの旗 イタリアの政治家
ガエターノ・マルティーノ
Gaetano Martino
ガエターノ・マルティーノ
生年月日 1900年11月25日
出生地 イタリア王国の旗 イタリア王国 メッシーナ
没年月日 1967年7月21日(満66歳没)
死没地 イタリアの旗 イタリア ローマ

イタリアの旗 外相
内閣 マリオ・シェルバ
任期 1954年9月19日 - 1957年5月6日
国王 レオポルド3世

任期 1962年 - 1964年
テンプレートを表示

ガエターノ・マルティーノ(Gaetano Martino, 1900年11月25日 - 1967年7月21日)はイタリア自由党に所属していた政治家メッシーナ大学において教鞭をとっていたこともある。

マルティーノは1954年、マリオ・シェルバ政権において教育相として入閣し、その後まもなく外相に任命された。マルティーノは1957年まで、次のアントニオ・セーニ政権においても外相を務めた。外相としてマルティーノは1955年のメッシーナ会議を取り仕切り、この会議において2年後に署名される欧州経済共同体設立条約の土台が築かれた。1956年、マルティーノはイタリアの外相として初めて国際連合総会で演説を行った。

1960年から1961年にかけてマルティーノは、ニューヨークでの国際連合総会に送られたイタリア議員代表団の団長を、1962年から1964年にかけては欧州議会議長を務めた。なお1994年から1995年にかけてイタリアの外相を務めたアントニオ・マルティーノは息子である。

先代:
アッティリオ・ピッチオーニ
イタリアの外相
1954年9月19日 - 1957年5月6日
次代:
ジュゼッペ・ペッラ
先代:
ハンス・フルラー
欧州議会議長
1962年 - 1964年
次代:
ジャン・デュヴュザー