ジャン・デュヴュザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルギーの旗 ベルギーの政治家
ジャン・ピエール・デュヴュザー
Jean Pierre Duvieusart
ジャン・デュヴュザー
生年月日 1900年4月10日
出生地 ベルギーの旗 ベルギーフラーヌ=レ=ゴスリー
没年月日 1977年10月11日(満77歳没)
死没地 ベルギーの旗 ベルギー クイイェ

任期 1950年6月8日 - 1950年8月16日
国王 レオポルド3世

任期 1964年3月20日 - 1965年9月23日
テンプレートを表示

ジャン・ピエール・デュヴュザー(Jean Pierre Duvieusart, 1900年4月10日 - 1977年10月11日)はベルギーキリスト教民主主義政治家同国首相。1964年から1965年にかけて欧州議会議長

政治経歴[編集]

地方時代・閣僚[編集]

デュヴュザーは中道民主・人道主義の前身であるキリスト教社会党に入ることで政治家として歩みだすことになった。1927年から1947年にかけて出身地フラーヌの市長を務める。1933年から1936年の間は州議会議員を務め、1944年には代議院議員、1949年から1965年にかけては元老院議員を務めた。

1947年3月20日から1950年6月8日まで、ポール=アンリ・スパークガストン・アイスケンス両政権で経済相を務めた。

首相[編集]

1950年6月8日、デュヴュザーはアイスケンスの後任として首相に就任する。ところがレオポルド3世の王位復帰問題とボードゥアン1世の王太子任命を受けて首相としての任期はわずか2か月あまりにとどまり、同年8月16日に退陣することとなった。

その後、1952年1月15日から1954年4月23日にかけてジャン・ヴァン・ウット政権で経済相を務めた。在任期間中の1952年から1953年の間、デュヴュザーは欧州石炭鉄鋼共同体の閣僚理事会において議長を務めていた。

欧州議会議長[編集]

1958年から1965年にかけてデュヴュザーは欧州議会の議員を務めていた。1964年3月20日から1965年9月23日の間には欧州議会議長を務める。議長の任期満了後、デュヴュザーはキリスト教社会党を離党する。

1968年にデュヴュザーはフランス語系ブリュッセル民主戦線およびワロン連合の代表となるが、1972年に政界を引退する。

参考文献等[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
ガストン・ アイスキンス (en
ベルギーの旗 ベルギー王国首相
第48代:1950 - 1952
次代:
ジョゼフ・フォリアン (en
外交職
先代:
ガエターノ・マルティーノ
欧州連合の旗 欧州議会議長
1964 - 1965
次代:
ヴィクトル・レーマンス