カール・フリードリヒ・フォン・ヴァイツゼッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・フリードリヒ・フォン・ヴァイツゼッカー(1993年)

カール・フリードリヒ・フォン・ヴァイツゼッカーCarl Friedrich Freiherr von Weizsäcker[1], 1912年6月28日 - 2007年4月28日)はドイツ物理学者哲学者である。ナチス・ドイツの外務次官になったエルンスト・フォン・ヴァイツゼッカーの息子で、戦後ドイツの大統領になったリヒャルト・フォン・ヴァイツゼッカーの兄である。

1929年から1933年まで、物理学、天文学、数学をベルリンゲッティンゲンライプツィヒの各大学で、ハイゼンベルクフントボーアらに学んだ。原子核の研究を行い、1935年ハンス・ベーテとは独立に原子核質量公式(ベーテ=ヴァイツゼッカーの式)を発表した。1937年から1938年にかけて恒星のエネルギーの研究を行った。

第二次世界大戦中はカイザー・ヴィルヘルム研究所(のちのマックス・プランク研究所)の研究者でドイツの原子爆弾開発を行った。戦後はキリスト教の立場から平和運動を進める哲学者となった。1957年から1969年までハンブルク大学の哲学科で教授を務めた。

2007年4月28日シュタルンベルクにて死去。94歳だった。

著書邦訳[編集]

  • 『原子力と原子時代』粟田賢三富山小太郎共訳 岩波新書 1958
  • 『信仰と自然科学との対話』シュリンク共著 鳴海元訳編 新教出版社 新教新書 1963
  • 『自然の歴史』西川富雄訳 法律文化社 1968
  • 『科学の射程』野田保之,金子晴勇訳 法政大学出版局 叢書・ウニベルシタス 1969
  • 『核時代の生存条件 世界平和への構想』遠山義孝訳 講談社現代新書 1970
  • 『自然の統一』斎藤義一,河井徳治訳 法政大学出版局 叢書・ウニベルシタス 1979
  • 『心の病としての平和不在 核時代の倫理学』遠山義孝訳 南雲堂 1982
  • 『時は迫れり 現代世界の危機への提言』座小田豊訳 法政大学出版局 1988
  • 『人間的なるものの庭 歴史人間学論集』山辺建訳 法政大学出版局 叢書・ウニベルシタス 2000
  • 『われわれはどこへ行くのか 世界の展望と人間の責任 ミュンヘン大学連続講義集』小杉尅次訳 ミネルヴァ書房 2004
  • 『人間とは何か 過去・現在・未来の省察』小杉尅次,新垣誠正共訳 ミネルヴァ書房 2007
  • 『物理学の構築』西山敏之,森匡史訳 法政大学出版局 2008
  • 『自由の条件とは何か1989~1990 ベルリンの壁崩壊からドイツ再統一へ』小杉尅次,新垣誠正訳 ミネルヴァ書房 2012
  • 『大物理学者 パルメニデスからハイゼンベルクまで』山辺建訳 法政大学出版局 2013

脚注[編集]

  1. ^ ドイツ語のFreiherrは男爵を意味する単語であり、Freiherrはミドルネームではない。de:Freiherr等を参照。

関連項目[編集]