マックス・プランク物理学研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マックス・プランク物理学研究所(Max-Planck-Institut für Physik;MPP)は、ドイツミュンヘンにある物理学研究所で、高エネルギー物理学と天文素粒子物理学に特化している。マックス・プランク協会に属し、初代所長にちなみ「ヴェルナー・ハイゼンベルク研究所」としても知られる。1917年、ベルリンにカイザー・ヴィルヘルム物理学研究所として創設された。アルベルト・アインシュタインフリッツ・ハーバーヴァルター・ネルンストマックス・プランクおよびピーター・デバイが部門長を務めた。第二次世界大戦により移動を余儀なくされ、始めゲッティンゲンに、次いで1958年にはミュンヘンに移りマックス・プランク物理学・天文物理学研究所と改称された。1991年にはマックス・プランク物理学研究所とマックス・プランク天文物理学研究所マックス・プランク地球外物理学研究所に分割された。

外部リンク[編集]