カーミット・シントロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カーミット・シントロン
基本情報
本名 カーミット・シントロン
通称 The Killer(殺し屋)
階級 ウェルター級
国籍 プエルトリコの旗 プエルトリコ
誕生日 1979年10月22日(34歳)
出身地 プエルトリコの旗 プエルトリコカロリーナ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 39
勝ち 33
KO勝ち 28
敗け 5
引き分け 1
テンプレートを表示

カーミット・シントロンKermit Cintron、男性、1979年10月22日 - )は、プエルトリコプロボクサー。元IBF世界ウェルター級王者。元WBO世界ウェルター級暫定王者。強烈なパンチ力を武器に積極的にKOを狙っていくスタイルから「The Killer (殺し屋)」の異名を持つ。トレーナーはロニー・シールズ。

来歴[編集]

2000年10月7日にアメリカ合衆国でプロデビュー。デビュー以来9戦連続KOを記録する。

2002年2月16日にはWBC世界ウェルター級暫定ユース王座を獲得した。

2004年7月17日、テディ・リード(ジャマイカの旗 ジャマイカ)に8回TKO勝ちでNABF北米ウェルター級王座、およびWBO世界ウェルター級暫定王座を獲得し、全勝のまま世界王者となった。

その後、WBO正規王者アントニオ・マルガリートメキシコの旗 メキシコ)が復帰し、2005年4月23日に王座統一戦が行われる。この試合で生涯初のKO負けを喫し、王座からも陥落した。

2006年10月28日、IBF世界ウェルター級王座決定戦でマーク・スアレスアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)と争い、6回TKO勝ちで王座を獲得した。

2008年4月12日、3度目の防衛戦でアントニオ・マルガリートと再戦し、6回KO負けで王座から陥落した。

2008年11月15日、IBF世界ウェルター級王座挑戦者決定戦でラブモア・ヌドゥと対戦し、3-0の判定勝ち。

2009年2月14日、WBC世界スーパーウェルター級暫定王者セルヒオ・マルチネスアルゼンチンの旗 アルゼンチン)に挑戦し、0-1(113-113、113-113、110-116)の判定ドローで王座獲得ならず。7回には左ストレートでダウンを奪われカウントアウトで試合が止められるも、ヘッドバットだとアピールし試合が再開される場面もあった(スロー映像でも両者の頭がぶつかった事実は確認できない)。

2009年5月30日、WBC世界スーパーウェルター級王座挑戦者決定戦でプロキャリア全勝のアルフレド・アングロメキシコの旗 メキシコ)に3-0の判定勝利を収め、挑戦権を獲得した。

2011年11月26日、WBC世界スーパーウェルター級王者サウル・アルバレスに挑戦するも、5回2分53秒KO負けを喫し王座獲得に失敗した。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

暫定王座決定戦 対戦者
テディ・リード
WBO世界ウェルター級暫定王者

2004年7月17日 - 2005年4月23日

次暫定王者
王座統一戦により消滅
空位
前タイトル保持者
フロイド・メイウェザー・ジュニア
第11代IBF世界ウェルター級王者

2006年10月28日 - 2008年4月12日

次王者
アントニオ・マルガリート