アルフレド・アングロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルフレド・アングロ
基本情報
本名 Alfredo Angulo Lopez
通称 Perro(狂犬)
階級 スーパーウェルター級
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 1982年8月11日(32歳)
出身地 メキシコの旗 メキシコ
バハ・カリフォルニア州メヒカリ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 27
勝ち 22
KO勝ち 18
敗け 5
テンプレートを表示
獲得メダル
メキシコの旗 メキシコ
男子 ボクシング
パンアメリカン大会
2003 サントドミンゴ ウェルター級

アルフレド・アングロAlfredo Angulo、男性、1982年8月11日 - )は、メキシコプロボクサー。身長178cm、リーチ175cm。元WBO世界スーパーウェルター級暫定王者

来歴[編集]

最初はボクシングが好きではなかったが、暇をもてあましていたのでボクシングジムへ入会した。そして1ヶ月後には試合に出場するようになり、1年半後にはオリンピック代表に選ばれた。5歳の時に父親が亡くなっている[映像 1]

アマチュア時代[編集]

2004年、オリンピック大陸予選にミドル級(75kg)で出場、準決勝でジャン・パスカルから勝利を挙げるが、決勝でアンドレ・ディレルに敗退した[1]

2004年、メキシコ代表としてアテネオリンピックボクシングミドル級(75kg)に出場し、1回戦でアンディ・リーアイルランド)に敗北した[2]

プロ時代[編集]

2005年1月6日、アメリカ合衆国でプロデビュー。

2008年5月17日、WBOインターコンチネンタルスーパーウェルター級王座決定戦でリチャード・グティエレス(コロンビア)と対戦し、5回TKO勝ちで王座を獲得した。

2009年5月30日、全勝(15戦15勝)のままWBC世界スーパーウェルター級王座挑戦者決定戦でカーミット・シントロンプエルトリコ)と対戦し、0-3の判定負けを喫しプロキャリア初黒星となった。

2009年11月7日、WBO世界スーパーウェルター級暫定王座決定戦でハリージョー・ヨルギイ(アメリカ)と対戦し、3回KO勝ちで暫定王座を獲得した。

2010年4月24日、 ジョエル・フリオ(コロンビア)と対戦し、11回TKO勝利で暫定ながら初防衛に成功した。

2010年7月17日、ジョアキン・アルシネ(ハイチ)とWBCコンチネンタルスーパーウェルター級王座及び WBC世界スーパーウェルター級挑戦者決定戦を行い、1回TKO勝利で同王座への挑戦権を獲得した。

2011年2月、WBCコンチネンタルスーパーウェルター級王座を返上した。

2011年8月11日、自身の誕生日にゴールデンボーイ・ プロモーションズと契約する事が発表された[3]

2011年8月20日、返上したWBCコンチネンタルスーパーウェルター級王座を再度獲得するために、ジョセフ・ゴメス(アメリカ)と決定戦を行い1RKO勝利で同王座の再獲得に成功した[4]

2011年11月5日、WBCコンチネンタルスーパーウェルター級の初防衛戦としてジェームス・カークランド(アメリカ)を迎え撃つが、6回TKO負けで初防衛に失敗した。

2012年11月10日、1年振りとなる試合でラウル・カサレス(アメリカ)と対戦し、初回56秒KO勝利で再起戦を白星で飾った[5]

2012年12月15日、亀海喜寛と対戦し引き分けだったホルヘ・シルバ(メキシコ)とスーパーウェルター級12回戦[156ポンド契約(70.76キロ)]で戦い3-0の判定勝利[6]

2013年6月8日、米国・カリフォルニア州カーソンの スタブハブ・センター・テニスコートにてマルコス・マイダナホセシート・ロペスの前座で、WBA世界スーパーウェルター級1位のエリスランディ・ララキューバ)とWBA世界スーパーウェルター級王座決定戦を行った。序盤はララに先制されるがアングロは4回に左フックでダウンを奪う。中盤はララの華麗なフットワークに翻弄されポイントを奪取されるが、9回に左フックでララから2度目のダウンを奪った。9回までのスコアは2-1と僅差でララにリードを許していたが2度ダウンを奪っていたことで試合はまだ分からない展開であった。しかしこれまで蓄積されたダメージは大きくアングロの左目はグロテスクに腫れあがっていた、そして10回にアングロがララに対して背を向けたところでレフェリーが試合がストップ10回TKO負けで王座獲得は失敗した。試合後にアングロは試合をやめるつもりは無かったと話した「決して試合をやめるつもりは無かった。ララにサミングで目を2度突かれたからトレーナーに言おうと思ってコーナーの方へ振り返ったんだ。そしたらレフェリーが状況も確認しないで試合をストップしてしまったのさ。」ただしアングロが言い訳をしているだけでダメージにより背を向けたというのが大方の見方である。またアングロがララのグローブに不正があると訴えたため、コミッションがララのグローブを回収し調査したが細工などの不正は確認されなかった[7]

2014年3月8日、MGMグランドで元WBAWBC世界スーパーウェルター級スーパー王者サウル・アルバレスとノンタイトル12回戦で対戦。スーパーウェルター級(154ポンド)で行われることになっていたが、アルバレスが減量を失敗したため計量直前の土壇場で10万ドルの罰金をアングロに支払い155ポンドのキャッチウェイトで試合が行われることに変更となった [8]。試合は初回から一方的な展開となりレフェリーが試合を止め10回47秒TKO負けでアングロは再起に失敗し2連敗となったが、一方的であったもののアングロはダウンを1度もしておらず試合終了まであと2回であったことなどから試合をとめたレフェリーに対して早すぎたストップだとして観客から大きなブーイングが飛ばされた[9]

2014年9月13日、MGMグランドでフロイド・メイウェザー・ジュニアVSマルコス・マイダナ第2戦の前座でジェームズ・デ・ラ・ロサと162ポンドのキャッチウェイトで対戦[10]。試合は2回に左フックでダウンを喫し、8回にはローブーローで減点をされ、10回0-3の大差判定負け。格下相手に痛い負けを喫し、3連敗となった。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ American Olympic QualifierTijuana, Mexico March 13-20, 2004”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  2. ^ 28.Olympic Games Athens, Greece August 14-29, 2004”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  3. ^ 狂犬アングロがGBPと契約 20日復帰戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年8月13日
  4. ^ カネロの脅威アングロ初回KOで復帰 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年8月21日
  5. ^ マレスがモレノ撃退 サンタクルスKO防衛 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年11月12日
  6. ^ カーンTKOで再起 ワイルダーは一撃KO勝ち ボクシングニュース「Box-on!」 2012年12月16日
  7. ^ Did Alfredo Angulo Quit Against Erislandy Lara?”. Yahoo.Sports.com (2013年6月11日). 2013年12月11日閲覧。
  8. ^ Canelo vs. Angulo Weigh In: Results, Top Takeaways and More”. Bleacher Report (2014年3月7日). 2014年3月14日閲覧。
  9. ^ カネロが再起、アングロを10回TKO Boxing News(ボクシングニュース) 2014年3月9日
  10. ^ サンタクルスら豪華布陣 メイvsマイダナ前座発表 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年8月16日

映像資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

暫定王座決定戦 対戦者
ハリージョー・ヨルギイ
WBO世界スーパーウェルター級暫定王者

2009年11月7日 - 2010年6月(返上)

次暫定王者
返上により消滅