カントリー・ライフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カントリー・ライフ
ロキシー・ミュージックスタジオ・アルバム
リリース 1974年11月
録音 1974年7月 - 8月
ジャンル ロック
時間 41分42秒
レーベル イギリスの旗アイランド(オリジナル盤)
EG(リイシュー盤)
アメリカ合衆国の旗アトコ(オリジナル盤)
リプリーズ(リイシュー盤)
プロデュース ロキシー・ミュージック
ジョン・パンター
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 3位(イギリス)
  • 37位(アメリカ)
ロキシー・ミュージック 年表
ストランデッド
(1973年)
カントリー・ライフ
(1974年)
サイレン
(1975年)
テンプレートを表示

カントリー・ライフ(Country Life)は、ロキシー・ミュージック1974年に発表したアルバム。通算4作目。

解説[編集]

フォー・ユア・プレジャー』以降のアルバム制作に協力してきたレコーディングエンジニアのジョン・パンターが、本作では共同プロデューサーとしてもクレジットされている。2人の女性モデルがシースルーの下着を着ているジャケット写真が物議を醸し、アメリカでは袋入りで販売され、ドイツでは1人のモデルの顔をアップにした写真に差し替えられ、カナダでは女性2人を消すといった措置が取られた[1]。なお、この2人のモデルは、「ビター・スウィート」の作詞にも協力(歌詞の一部をドイツ語に翻訳した)。

ロキシー・ミュージックのアルバムとしては初めて、アメリカのアルバム・チャートでトップ40入りを果たした。「オール・アイ・ウォント・イズ・ユー」はシングル・カットされ、母国イギリスのシングル・チャートで12位。「カサノヴァ」は、ブライアン・フェリーのソロ・アルバム『レッツ・スティック・トゥゲザー』(1976年)でセルフカヴァーされた。

ローリング・ストーン誌が2003年に選出したオールタイム・グレイテスト・アルバム500で387位にランク・イン[2]

収録曲[編集]

特記なき楽曲はブライアン・フェリー作。

  1. ザ・スリル・オブ・イット・オール - "The Thrill of It All" - 6:24
  2. スリー・アンド・ナイン - "Three and Nine" (Bryan Ferry, Andy Mackay) - 4:04
  3. オール・アイ・ウォント・イズ・ユー - "All I Want Is You" - 2:53
  4. アウト・オブ・ザ・ブルー - "Out of the Blue" (B. Ferry, Phil Manzanera) - 4:46
  5. イフ・イット・テイクス・オール・ナイト - "If It Takes All Night" - 3:12
  6. ビター・スウィート - "Bitter-Sweet" (B. Ferry, A. Mackay) – 4:50
  7. トリプティック (聖なる3枚の絵) - "Triptych" - 3:09
  8. カサノヴァ - "Casanova" - 3:27
  9. ア・リアリー・グッド・タイム - "A Really Good Time" - 3:45
  10. プレイリー・ローズ - "Prairie Rose" (B. Ferry, P. Manzanera) - 5:12

参加メンバー[編集]

  • スタッフ
    • ジョン・パンター:recording engineer
    • ロンドン・Air Studioにて1974年に録音

脚注[編集]

  1. ^ 日本盤CD(VJCP-3340)ライナーノーツ(大鷹俊一、1993年)
  2. ^ Country Life | Rolling Stone Music | Lists