カチャーシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カチャーシー(2007年3月)

カチャーシー(かちゃーしー)とは、沖縄民謡の演奏に際して興が乗るにつれ、聴衆が(場合によっては演奏者の一部も)、両手を頭上に掲げて左右に振り、足も踏み鳴らす踊りである。沖縄方言で「かき回す」という意味であり、頭上で手を左右に振るさまが、かき回すように見えるため呼び名がついた。

基本的な踊り方の例[編集]

沖縄民謡のライブなどで、初めてカチャーシーに接する聴衆にレクチャーされる踊り方は次の通り。

  • 腕を伸ばして両手を真上にあげて、手のひらを開いて前に向ける。
  • 男性は手を握る。女性は広げたままで良い。
  • 扉を開けるように、両手のひらを右に向けて、腕を右に振る。
  • 扉を閉めるように、両手のひらを左に向けて、腕を左に振る。
  • 腕を左右に振るのを繰り返す。この時、麦踏みの要領で足踏みをする。

なお、不慣れな本土の人間が踊ると、たいていは阿波踊りになる。

カチャーシーの変化形[編集]

場合によっては聴衆が環形に並んで、練り歩く場合もある。座の多くが参加するが、たいていはお年寄りが巧い。 八重山地方ではカチャーシーとは呼ばず「モーヤー」(舞い、の意味)と呼び、一般的には六調節を用いるが踊りのスタイルはほぼ同様である。 祝いの場などで用いられる踊りとして宮古ではクイチャーという踊りが行われることが多いが、これはカチャーシーとは趣を異とする。 鹿児島県奄美地方では南部の与論島沖永良部島で沖縄本島と同じくカチャーシーが踊られ、徳之島以北では八重山と同じく六調が踊られる。なお、六調は九州から奄美を経て八重山まで伝わったものである。

カチャーシーに際して演奏される代表的な曲[編集]

カチャーシーが登場する作品[編集]

関連項目[編集]