オーメン/最後の闘争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オーメン/最後の闘争
Omen III: The Final Conflict
監督 グレアム・ベイカー
脚本 アンドリュー・バーキン
製作 ハーヴェイ・バーンハード
製作総指揮 リチャード・ドナー
出演者 サム・ニール
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 フィル・メヒュー
ロバート・ペインター
編集 アラン・ストラカン
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1981年3月20日
日本の旗 1981年5月23日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $20,471,382[1]
前作 オーメン2/ダミアン
次作 オーメン4英語版
テンプレートを表示

オーメン/最後の闘争』(- さいごのとうそう 原題:Omen III: The Final Conflict)は、1981年制作のアメリカ合衆国オカルトホラー映画

悪魔の子”ダミアンを描いた『オーメン』、『オーメン2/ダミアン』に続くシリーズ第3作目にして、完結編。アメリカでは“The Final Conflict”のタイトルで公開された。

あらすじ[編集]

“悪魔の子”ダミアン・ソーンは、32歳という若さで養父から引き継いだ総合商社ソーン・コーポレーションの社長となり、且つアメリカ合衆国大統領顧問も務めていた。ある日、ダミアンは駐英大使に任命された。実はダミアンは、イギリスの何処かで誕生しようとしている“救世主”の抹殺を目論んでいたのだ。

一方、イタリア修道院のデ・カーロ神父は、救世主の誕生とダミアンが悪魔の子である事を知り、7人の修道士メギド短剣を授けダミアン殺害を命じるが、ことごとく失敗に終わる。

神が復活したとされる3月24日、ダミアンの秘書ディーンに子供が誕生した。救世主が生まれてから自分の力が弱まっていくことに気付いたダミアンは、3月24日に生まれた全ての子供の殺害を手下に命じる。

その頃、テレビ・キャスターのケイトは取材でダミアンと知り合い、やがて深い関係になっていくが、彼女もまた悪魔と神との“最後の闘争”に巻き込まれていく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ダミアン・ソーン サム・ニール 津嘉山正種
デ・カーロ神父 ロッサノ・ブラッツィ 川合伸旺
ケイト・レイノルズ リサ・ハロー 宗形智子
ハーヴェイ・ディーン ドン・ゴードン 松岡文雄
ピーター・レイノルズ バーナビー・ホルム
バーバラ・ディーン ルイーン・ウィロビー
合衆国大統領 メイソン・アダムズ

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]