オープンコースウェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オープンコースウェア (Opencourseware; OCW) とは、大学大学院などの高等教育機関で正規に提供された講義とその関連情報を、インターネットを通じて無償で公開する活動。2003年9月、アメリカの理工系大学マサチューセッツ工科大学が世界初のOCWサイトを立ち上げ、その後世界中の大学にその活動が広がっている。OCWが始まった当初は、サイトで公開されているコンテンツと言えば、講義で使ったシラバス講義ノート程度のものが中心であった。しかし近年の通信回線の大容量化(ブロードバンド化)にともない、YouTubeなどで講義ビデオをそのまま公開するような大学が多数出始めている。また、湯川秀樹のノーベル賞受賞論文など歴史的な資料も公開されている。

日本国内では、日本オープンコースウェアコンソーシアムに加盟している18大学12機関(2008年6月時点)を中心に活動している。

OCWを容易に構築するためのコンテンツマネージメントシステムeduCommons」が、ユタ州立大学持続的公開学習センター(Utah State University's Center for Open Sustainable Learning)において、David Wiley教授を中心にオープンソースで開発・公開されており[1]MITをはじめ、各大学のOCWで利用されている。大阪大学OCWチームなどがeduCommonsの日本語化に積極的に協力している。また、京都大学国際連合大学はeduCommonsをカスタマイズしたものを利用している。

OCWに取り組んでいる主な大学[編集]

英語圏[編集]

日本語圏 (日本オープンコースウェアコンソーシアム加盟機関)[編集]

正会員(大学等)[編集]

准会員(非営利団体等)[編集]

賛助会員(その他)[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 宮川繁、高木和子「1年を経たMITのオープンコースウエア」、『情報管理』第46巻第12号、独立行政法人 科学技術振興機構、2004年、 797-803頁、 doi:10.1241/johokanri.46.797NAID 130000071656
  • 福原美三「日本におけるオープンコースウェアの現状と課題・展望」、『情報管理』第49巻第6号、独立行政法人 科学技術振興機構、2006年、 301-312頁、 doi:10.1241/johokanri.49.301NAID 130000072367

外部リンク[編集]

組織・機関

動画配信