オランジュリー美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg オランジュリー美術館
Musée de l’Orangerie exterior.JPG
施設情報
正式名称 Musée de l'Orangerie
所在地
パリ 1区
位置 北緯48度51分49.88秒 東経2度19分20.18秒 / 北緯48.8638556度 東経2.3222722度 / 48.8638556; 2.3222722
アクセス コンコルド駅
ウェブサイト 公式ウェブサイト
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

オランジュリー美術館(-びじゅつかん 仏 : Musée de l'Orangerie)はフランスパリにある印象派ポスト印象派美術館である。

概要[編集]

セザンヌマティスモディリアーニモネピカソルノワールシスレースーティンなどの作品を収蔵している。

1区のコンコルド広場の隣、テュイルリー公園内にセーヌ川に面して建っている。もともとはテュイルリー宮殿のオレンジ温室(オランジュリー[1])だったが、1927年、モネの『睡蓮』の連作を収めるために美術館として整備されたのである。

1965年からはフランスに寄贈されたジャン・ヴァルテル&ポール・ギヨームコレクションの散逸を防ぐために保護に当たっている。

1999年8月から改装のため永らく休館が続いていたが2006年5月再オープンした。

1998年讀賣新聞社日本テレビが企画・主催して当美術館所蔵の『ジャン・ヴァルテル&ポール・ギョーム コレクション』の油彩画の公開展覧会が東京都渋谷区東急Bunkamuraに於いて開催されたことがある。

アクセス

著名な作品[編集]

クロード・モネ『睡蓮
クロード・モネ『睡蓮』の展示の様子
  • ポール・セザンヌ
  • セザンヌ夫人の肖像(1890年)
  • クロード・モネ
  • パブロ・ピカソ
  • 水浴の女(1921年)
  • オーギュスト・ルノワール
  • 風景の中の裸婦(1883年)
  • ピアノを弾くイボンヌとルロル(1897年)

収蔵品のギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ オランジェリー(orangery)とは、ルネサンスの庭園において、東方の植物として珍重されたオレンジシトロンなどの樹木を寒い季節の間養成するためにつくられた温室の原型。その多くは窓面を大きくとり、運搬に便利なように木の箱や素焼の鉢に植込んだ果樹を置き、火で暖めた。(コトバンク > ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 > オランジェリーとは)

外部リンク[編集]