オペル・GT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オペル・GT
Opel GT.JPG
Opel GT yellow hl TCE.jpg
販売期間 1968年 - 1973年
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドア クーペ
エンジン 直4ガソリンSOHC1897cc・90馬力
変速機 4速MT
駆動方式 FR
サスペンション 前:独立 ダブルウィッシュボーン・横置きリーフ 後:固定 トレーリングアーム パナールロッド・コイル
全長 4115mm
全幅 1580mm
全高 1225mm
ホイールベース 2431mm
車両重量 940kg
-自動車のスペック表-

オペル・GTドイツの自動車メーカーアダム・オペル社が1968年から1973年まで生産した2人乗りスポーツカーである。

母体は1965年フランクフルトモーターショーに出品された、当時のレコルト1900(B)をベースとした「グランツリスモ・クーペ」で、これが好評であったことから1968年秋、カデット(B)のシャシーを用い、フランスコーチビルダー「ブリッソノー・エ・ロッツ(Brissonneau et Lotz)」が車体製造・組立を行う形で発売された。

バリエーションは1897cc90馬力の1900GTと、1078cc60馬力の1100GTの二種類で、前者にはオートマチックも用意された。最高速度は1900GTが185km/h、1100GTが155km/hとされた。同じGM系のシボレー・コルベットに似たスタイルと、エンジンのチューンが低く扱いやすいことが受けて、特にアメリカ市場では手軽なパーソナルカーとして人気を呼んだ。絶対的に馬力不足な1100GTは1970年に生産中止され、1900GTはアメリカの厳格化された安全基準に対応出来なくなり、ブリッソノー・エ・ロッツがルノー社の傘下に入ったため1973年で生産は終了した。総生産台数は10万3000台余りという。

日本でも当時の輸入元・東邦モーターズによって比較的多数が販売された。1969年当時の1900GTの価格は235万円で、ほぼトヨタ・2000GT並みであった。

登場作品[編集]

帰ってきたウルトラマン 第28話、のちにマットビハイクルに採用される事になるスタビライザー(リヤスポイラー)のテスト走行で使用。

参考文献[編集]

二玄社 別冊CG『自動車アーカイブVol7 70年代のドイツ車編』