オスカー・シュトラウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オスカー・シュトラウス
Oscar Straus
Oscar Straus at the piano.jpg
基本情報
出生 1870年3月6日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国ウィーン
死没 1954年1月11日(満83歳没)
オーストリアの旗 オーストリアバート・イシュル
ジャンル オペレッタ
職業 作曲家

オスカー・シュトラウス(またはオスカル・シュトラウス)(Oscar Straus, 1870年3月6日 - 1954年1月11日)はオペレッタ作曲家

さるアネクドートによると、本来の姓はもともと“Strauss”と綴ったが、著名なシュトラウス(Strauß)一家との混同を避けるために、語末のsを一つ省いたといわれる。しかしながらワルツの作曲という将来性のある誘惑をしりぞけ、劇場音楽の作曲という、より効率のよい仕事に切り替えるように助言したのは、ヨハン・シュトラウス2世その人であった。

ブラームスに楽才を祝福されてウィーン音楽院に学んだ後、ベルリンマックス・ブルッフに師事し、ユーバーブレットル・カバレット(文芸酒場)で楽団指揮者を勤める(この時期、楽団の編曲家としてシェーンベルクを雇う)。その後ウィーンに戻りオペレッタの作曲に専念し、フランツ・レハールのライバルとして名を揚げる。1905年にレハールの《メリー・ウィドウ》が初演された際、「あれぐらい俺にもできるぞ( "Das kann ich auch!" )」と言い放ったと伝えられる。

1939年ナチスによってオーストリアが併合されるとユダヤ系のためパリに逃れ、ハリウッドに落ち着いた。戦後はヨーロッパに戻り、バート・イシュルに居を構え、その地で最期を迎えた。

代表作に、《ワルツの夢 Ein Walzertraum 》と《チョコレートの兵隊 Der tapfere Soldat 》ほか。

主要作品一覧[編集]

オペレッタ[編集]

  • Die lustigen NibelungenThe Merry Nibelungs) - 1904
  • Zur indischen Witwe - 1905
  • Hugdietrichs BrautfahrtHugdietrich's Honeymoon) - 1906
  • ' 'Ein Walzertraum A Waltz Dream) - 1907
  • Das Buch der Abenteuer - 1907
  • Der tapfere SoldatThe Gallant Soldier, The Chocolate Soldier) - 1908
  • Didi - 1908
  • Das Tal der Liebe - 1909
  • Mein junger HerrMy Son John) - 1910
  • Der tapfere CassianThe Brave Cassian) - 1912
  • The Dancing Viennese - 1912
  • Love and Laughter - 1913
  • Rund um die Liebe - 1914
  • Liebeszauber - 1916
  • Der Favorit - 1916
  • Der letzte Walzer - 1920
  • Die Musik kommt - 1928
  • Eine Frau, die weiß, was sie will - 1932
  • Drei Walzer - 1935
  • Ihr erster Walzer (revised version, Die Musik kommt) - 1950
  • Bozena - 1952

バレエ音楽[編集]

  • Colombine - 1904
  • Die Prinzessin von Tragant - 1912

映画音楽[編集]

  • Jenny Lind - 1930
  • The Smiling Lieutenant - 1932
  • The Southerner - 1932
  • One hour with You - 1932
  • Die Herren von Maxim - 1933
  • Frühlingsstimmen - 1934
  • Land Without Music - 1935
  • Make a Wish - 1935
  • La ronde - 1950

関連事項[編集]