オオモズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オオモズ
オオモズ
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: モズ科 Laniidae
: モズ属 Lanius
: オオモズ L. excubitor
学名
Lanius excubitor
Linnaeus, 1758
和名
オオモズ
英名
Great Grey Shrike
Lanius excubitor

オオモズ(大百舌、学名Lanius excubitor)は、スズメ目モズ科モズ属に分類される鳥類の一種である。名前の由来は、大きなモズの意。

分布[編集]

ユーラシア大陸北部やインド中部、アフリカの中部で繁殖し、冬期はやや南方に渡って越冬する。

日本では冬鳥または旅鳥として渡来するが、数は少ない。北海道や東北地方では比較的多い。北海道では繁殖の記録がある。

形態[編集]

全長約24cm。体重65-75g。雌雄同色である。頭上から背中は灰色で、腰は白く、尾は黒い。翼は黒く、初列風切に白斑がある。眉斑は白く通眼線は黒い。幼鳥は全体に灰褐色である。

生態[編集]

農耕地や草原に生息する。繁殖期以外は、単独で生活するものが多い。電線や枯れ枝、杭等にとまったり、低空飛行をして獲物を探す。

食性は動物食で主にネズミ等の小型哺乳類を捕食する。また昆虫類や小型の鳥類も捕食する。はやにえを行う。

樹上に枯れ枝、樹皮、植物の根を使って皿状の巣を作り、4-6月に1腹5-7個の卵を産む。抱卵期間は約15日で、雌が抱卵する。雛は19-20日で巣立ちし、その後約14日で親から独立する。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

執筆の途中です この項目「オオモズ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類