セスジネズミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セスジネズミ
Mysz polna2.jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネズミ目 Rodentia
: ネズミ科 Muridae
: アカネズミ属 Apodemus
: セスジネズミ A. agrarius
学名
Apodemus agrarius
(Pallas, 1771)
和名
セスジネズミ
英名
Striped field mouse

セスジネズミ(背筋鼠、Apodemus agrarius)は、ネズミ目(齧歯目)ネズミ科 アカネズミ属 に属する小型のネズミ類の1種である。背中に黒い筋があるため、この名前がついた。セスジアカネズミとも呼ばれる。


形態[編集]

頭胴長は130mm、尾長は120mmほどになる。アカネズミと同じように、茶褐色の毛色をしていて、腹は白くなる。背中の中心に、1本の黒い筋があるのが特徴である。

分布[編集]

日本では、尖閣諸島魚釣島にのみ生息する。1977年に生息が確認されたが、いままでに3頭しか捕獲されていない。日本以外では、朝鮮半島から中国全土や台湾、ヨーロッパに広く分布する。ただ、魚釣島産と台湾産の標本を比べると、臼歯の大きさや染色体に差異がみられる。魚釣島では、持ち込まれたヤギによって草地が裸地化しており、その影響を受けて絶滅することが危惧されている。

保全状態評価[編集]

関連項目[編集]