エレナ・ケイガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エレナ・ケイガン

エレナ・ケイガン: Elena Kagan1960年4月28日 - )は、アメリカ合衆国裁判官法律家。現在はアメリカ合衆国連邦最高裁判所判事を務める。ケイガンは、女性として4人目のアメリカ合衆国連邦最高裁判所判事である。

経歴・概略[編集]

ニューヨーク州ニューヨークに生まれ、プリンストン大学オックスフォード大学を卒業後、ハーバード・ロー・スクールで法律を学んだ。ハーバード・ロースクール卒業後、コロンビア特別区控訴裁判所判事及び合衆国最高裁判所判事のロー・クラークを務めた。その後、1991年にはシカゴ大学ロースクールの助教授となり、1995年には同教授となった。2001年にはハーバード・ロースクール教授、2003年同学部長(ディーン)となった。

2010年5月10日ジョン・スティーブンス最高裁判事の退官に伴い、バラク・オバマ大統領から、アメリカ合衆国連邦最高裁判所判事に指名される。2010年7月20日の司法委員会で採決が行われ、13対6で承認。その後、本会議に移り、8月5日の採決で63対37でケイガンは最高裁判事に正式に承認された。