エリマキトカゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリマキトカゲ
エリマキトカゲ
エリマキトカゲ Chlamydosaurus kingii
保全状況評価[a 1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : トカゲ亜目 Sauria
下目 : イグアナ下目 Iguania
: アガマ科 Agamidae
: エリマキトカゲ属
Chlamydosaurus Gray, 1825
: エリマキトカゲ C. kingii
学名
Chlamydosaurus kingii Gray, 1825
和名
エリマキトカゲ
英名
Frilled lizard

Chlamydosaurusrange.PNG

エリマキトカゲChlamydosaurus kingii)は、爬虫綱有鱗目アガマ科エリマキトカゲ属に分類されるトカゲ。本種のみでエリマキトカゲ属を構成する。

分布[編集]

オーストラリア北部、パプアニューギニアニューギニア島南部)[1][2][a 1]

形態[編集]

全長60-90センチメートル[1][2]。尾が全長の2/3を占める[2]。頸部に舌骨で支えられた襞襟状の皮膚飾りがある[1][2]

生態[編集]

森林に生息する[1][2]。樹上棲だが採食などのために地表に降りることがあり、地表では後肢だけで直立し走行する[2]。危険を感じると襟状の皮膚を広げて威嚇する[1][2]

主に昆虫を食べる[1][2]

繁殖形態は卵生[2]。飼育下では2-3月に1回に4-13個の卵を年に2回に分けて産んだ例がある[2]。卵は80-85日で孵化する[2]

人間との関係[編集]

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。飼育下繁殖個体が流通する[1]。ケージは大型の物を用意し、樹上と地表で活動できるスペースを確保する[1]。低温に弱いためケージ内の温度は高温を維持し、一部に局所的な熱源を照射する[1]

オーストラリアの2セント銅貨にはエリマキトカゲのデザインが描かれていた。

日本では1984年三菱・ミラージュのテレビCMなどで話題になり一時大流行となった。日本でのエリマキトカゲブームには千石正一が関わっている[3]。1984年6月15日にはエリマキトカゲが初来日した[4]

画像[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 海老沼剛 『爬虫・両生類ビジュアルガイド トカゲ1 アガマ科&イグアナ科』、誠文堂新光社2004年、11、113、122-123頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 千石正一監修 長坂拓也編著 『爬虫類・両生類800種図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、36-37頁。
  3. ^ 千石正一 環境教育と生物観察のコツを語る〜体験を通じての理解は、感動と知識欲を呼び起こします。 - 学びの場.com
  4. ^ [リンク切れ]E・Ri・Ma・Kiとかげっこ音頭 | ひるおび! 2009/06/15(月)12:00 | TVais テレビ番組の情報サイト 昭和59年の今日はエリマキトカゲが初来日した日とのことで、曲が流れていた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ a b The IUCN Red List of Threatened Species
    • Doughty, P. & Allison, A. 2010. Chlamydosaurus kingii. In: IUCN 2011. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.2.