エリック・イウェイゼン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エリック・イウェイゼンEric Ewazen1954年3月1日 - )はアメリカ合衆国作曲家

来歴[編集]

オハイオ州クリーブランドに生まれ、ミルトン・バビットサミュエル・アドラーウォーレン・ベンソンジョゼフ・シュワントナーガンサー・シュラー作曲を学び、ロチェスター大学イーストマン音楽学校学士を、ジュリアード音楽院修士博士を取得した。

ニューヨーク・フィルハーモニックの「音楽との出会い」シリーズの講師、国際現代音楽協会の副会長、セントルークス管弦楽団コンポーザー・イン・レジデンスなどを務めた。1980年からはジュリアード音楽院で教職に就いている。

主要作品[編集]

管弦楽曲[編集]

  • 室内交響曲 (Chamber Symphony)

協奏曲[編集]

  • シャドウキャッチャー (Shadowcatcher, for Brass Quintet and Orchestra/Wind Ensemble/Piano)
  • ダンサンテ (Danzante, for Trumpet and Wind Ensemble)

吹奏楽曲[編集]

  • 死者と生者のための賛歌 (A Hymn for the Lost and the Living)

室内楽曲[編集]

  • グランド・キャニオン (Grand Canyon Octet, for 8 Horns)
  • バストロンボーンとトロンボーン・クワイアのための小協奏曲 (Concertino for Bass Trombone and Trombone Choir)
  • トロンボーンとピアノのためのソナタ (Sonata for Trombone and Piano)


外部リンク[編集]