ジョセフ・シュワントナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョセフ・シュワントナー(Joseph Schwantner、1943年 - )は、アメリカ合衆国作曲家・教育者。イリノイ州シカゴ生まれ。 非常に多作で、かつフランス印象派、アフリカンドラムやミニマル・ミュージックなど、影響されやすく、色彩的で折衷的である。 1979年、管弦楽曲『アフタートーン・オブ・インフィニティ』でピューリッツァー賞を受賞。 彼の作品で日本で最も知られているのは、吹奏楽曲『・・・そしてどこにも山の姿はない』である。

主な作品[編集]

オーケストラ[編集]

  • アフタートーン・オブ・インフィニティ

吹奏楽[編集]

  • …そしてどこにも山の姿はない
  • 暗黒の一千年代
  • 夕闇の静寂にて
  • リコイル~ウインドアンサンブルのための~

器楽[編集]

  • 琥珀の音楽
  • ソアリング
  • ヴェロシティーズ

声楽[編集]

  • すずめ(テキストは小林一茶の俳句の英訳)
  • アゲダ・ピサロの2つの詩

外部リンク[編集]