エミール・パラディール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エミール・パラディール

エミール・パラディールÉmile Paladilhe, *1844年6月3日 モンペリエ1926年1月6日 ルーアン)は、フランスベル・エポック作曲家

略歴[編集]

音楽愛好家の医師の家庭に生まれ、モンペリエ大聖堂のオルガニスト、セバスティアン・ボワクセ師(Dom Sébastien Boixet)の早期教育で音楽を学ぶ。早くから際立った楽才を発揮したため、ボワクセは、9歳のパラディールを神童としてパリ音楽院に推薦状を送った。パラディール少年は家族に連れられ南仏からパリに上京して、10歳でパリ音楽院に入学。アントワーヌ・フランソワ・マルモンテルピアノを、フランソワ・ブノワオルガンを、ジャック・フロマンタル・アレヴィに作曲を師事した。

在学中に、ジョルジュ・ビゼーと親交を結び、新進気鋭の演奏家および作曲家として活動に入る。15歳でパリのサル・アンリ・エルツでピアノの演奏会を開き、1860年にはカンタータ《イワン4世》により、16歳にして、アドルフ・デランドルとイシドール・ルグイを破ってローマ大賞作曲部門の史上最年少受賞者となった。3年間ローマメディチ荘に逗留した後、パリに戻るとオペラ作曲家として活動に入った。1872年オペラ=コミック座で初演されたオペラ《留め金(Le Passant)》は出世作となり、数々のオペレッタの中でも、ヴィクトリアン・サルドゥールイ・ガレの台本による《祖国よ(Patrie!)》は最大の成功を収めた。年長の作曲家シャルル・グノーとも交友関係を結んでいる。

一方でパラディールは教会音楽家としても重要で、幅広い宗教曲カンタータモテットミサ曲)を作曲した。中でもガレの作詞によるオラトリオ《マリアという名の海の聖女たち(Les Saintes-Marie de la Mer)》は、パラディールの最も重要な宗教曲と看做されており、1892年にフランソワ・ボルヌの指揮で郷里モンペリエで初演された。《アッシジの聖フランチェスコのミサ(Messe de St François d'Assise)》は、1896年サントゥスタシュ教会で初演されている。

そのほかにパラディールは、交響曲やその他の管弦楽曲に加えて、多数のピアノ曲や声楽曲を作曲した。但し今なお上演されるのは、独唱用の歌曲と、1898年に作曲された《オーボエのための独奏曲(Solo pour hautbois)》(またの名を《演奏会用独奏曲(Solo de concert)》)にすぎない。

一時期は協力者の声楽家セレスティーヌ・マリエ愛人関係にあったが、1889年に、台本作家でアカデミー・フランセーズ会員のエルネスト・ルグヴェの娘、ジョルジーナ(Georgina Legouvé)と結婚し、2児を儲けた。息子ジャン(Jean Paladilhe)は60年間にわたってギュスターヴ・モロー美術館の管理責任者を務め、ジャンの子で孫ドミニクDominique Paladilhe)は、古代ローマについての歴史小説で名を揚げた。

主要作品一覧[編集]

歌劇[編集]

  • アビドスの許嫁(La Fiancée d'Abydos) (1864年-66年、断章)
  • 1幕のオペラ・コミック《留め金》(Le Passant, opéra-comique en un acte) (台本:F.コペー、初演:1872年4月24日オペラ・コミック座)
  • 2幕のオペラ・コミック《アフリカの恋》(L'Amour Africain, opéra-comique en deux actes) (台本:ルグヴェ、初演:1875年5月8日オペラ・コミック座)
  • 3幕のオペラ・コミック《シュザンヌ》(Suzanne, opéra-comique en trois actes) (台本:ド・ロクロワとコルモン、初演:1878年12月30日オペラ・コミック座)
  • 3幕の歌劇《ダリラ》(Dalila, opéra en trois actes) (台本:フイエとガレ、作曲:1895年~1896年、未上演)
  • 3幕のオペラ・コミック《ディアナ》(Diana, opéra-comique en trois actes) (台本:レニエとノルマン、初演:1885年2月23日、オペラ・コミック座)
  • 5幕の抒情劇《祖国》(Patrie!, drame lyrique en cinq actes) (台本:サルドゥとガレ、作曲:1886年、初演:モンペリエ、1892年)
  • 4幕の歌劇《ヴァニナ》(Vanina, opéra en quatre actes) (台本:ルグヴェとガレ、作曲:1887年から1890年の間、未上演)

宗教曲[編集]

  • 4声の独唱と二重合唱のための《荘厳ミサ曲 第1番(1ère Messe solennelle, pour 4 voix et double choeur)》(1857年)
  • 《アッシジの聖フランチェスコのためのミサ曲(荘厳ミサ曲 第2番) (2ème Messe solennelle à St-François d'Assise)》(管弦楽伴奏、1861年)
  • 《聖霊降臨祭のミサ曲(荘厳ミサ曲 第3番) (3ème Messe solennelle de Pentecôte)》(管弦楽伴奏、1898年)
  • 2声のための《キリエとグローリア(Kyrie et Gloria pour 2 voix)》 (1904年)
  • 4つの楽章によるプロヴァンスの伝説《マリーという名の海の聖女たち(Les Saintes Maries de la Mer, légende de Provence en quatre parties)》 (1892年)
  • 聖母哀傷Stabat mater) (1903年)
  • 救世主讃歌(Hymne au Christ) (1906年)

声楽曲[編集]

  • カンタータ《イワン4世(Ivan IV)》(ローマ大賞受賞作、1860年)
  • メゾソプラノのための歌曲《マンドリン弾きの女(Mandolinata)》 mélodie pour mezzo-soprano, reprise dans Le Passant

その他[編集]

  • 交響曲(Symphonie) (1862年-1863年)
  • 管弦楽のための《祭りの行進曲》(Marche de fête pour orchestre) (1904年)
  • オーボエとピアノ伴奏のための演奏会用独奏曲 (Solo de Concert) (1898年)パリ音楽院卒業試験曲

外部リンク[編集]