エマージェンザ・ミュージック・フェスティバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エマージェンザ・ミュージック・フェスティバル(Emergenza Music Festival)は、世界34か国で行われている世界最大級のインディーズ・バンドのコンテストである。

概要[編集]

1992年以来ヨーロッパを中心として展開し、現在ではアメリカ、日本を含め世界24カ国150都市以上で開催されている。 2011年の実績では全世界から約4000以上のバンドが参加した。スポンサーはマーシャルスタインバーグ、など。

国ごとで決定される最優秀バンドは、ドイツ、タウバタールで行われる国際決勝大会へ出場できる。 国際決勝大会で優勝すれば、ワールドツアーへの参加などの特典もある。 優勝以外にも、各部門賞などがある。

また、エマージェンザを経てメジャーデビューしたバンドも数多く、世界への登竜門的な音楽イベントとなっている。 オリジナル曲を演奏するバンドスタイルであれば、ジャンル・国籍・年齢・性別は不問で出演することが出来る。 各バンドの演奏持ち時間は転換込で30分となっている。 セミファイナル、ファイナルへ進出するバンドは、来場したお客様の審査によって選ばれる。

歴史[編集]

1991年 1つのアイデアからすべてが始まった。

1991年 音楽仲間で集まり、1つのアイデアを発展させた。

1992年 ローマで最初のエマージェンザ・フェスティバルが行われ、200人のお客さんだけだった。

     それが、5か月後には3,000人に増えていた。そうしてエマージェンザが誕生しまれた。

1996年 パリのギブスクラブでイタリア以外では初のコンサートを開催した。

1997年 ロンドン、アストリアで最初のエマージェンザのヨーロッパ決勝が行われ、2,500人以上が見に来た。

1998年 最も出演が難しいことで有名なクラブからエマージェンザが招待された。

2001年 パリからカナダ・モントリオールへケベック州が最初の北米でのコンサートとなる。

2002年 北米5都市でエマージェンザはコンサートを開催。

2003年 700バンド以上が初のアメリカのシーズンで190以上のギグを行なう。

2004年 2,800人のミュージシャンが参加し、欧州・カナダで合わせて16,000人が参加した。

2005年 北米70都市でフェスティバルに参加。3,000のコンサートが行われ、世界中で9,000バンドが参加した。

2006年 フェスティバルはオーストラリアへ進出。シドニー、メルボルン、アデレードで行われた。

2006年 エマージェンザは日本へ進出。アジア圏の基盤として開催を実施した。

2008年 エマージェンザは東欧で進出。チェコ共和国、スロヴァキア、ロシアと。オーストラリアでは西へと拡大。パースもその都市に。NZオークランドへも進出をした。

2014年 世界34か国150都市以上でエマージェンザが開催されている

過去の日本大会優勝バンド[編集]

2008年 The Novelestilo ドイツ大会4位

2009年 ぐるぐる  ドイツ大会6位

2010年 花ト散るらん ドイツ大会優勝

2011年 S.H.E    ドイツ大会4位

2012年 Avaivartika ドイツ大会4位

2013年 TarO & JirO ドイツ大会6位

2014年 The Asphere's ドイツ大会14位

過去の世界大会優勝バンド[編集]

2006年 THE SESSIONS カナダ・バンクーバー

2007年 FIRE FLIES アメリカ・ニューヨーク

2008年 GLORIA CYCLES イギリス・ブライトン

2009年 KID GALAHAD スゥェーデン・ゲーテンブルグ

2010年 花ト散るらん 日本・東京

2011年 Nico & Vinz ノルウェー・オスロ

2012年 HURRICANE LOVE ハリケーンラブ スゥエーデン

2013年 OBSOLETE RADIO フランス・パリ

2014年 THE SCHEEN ノルウェー・オスロ

開催期間[編集]

各年前年10月~4月 予選大会

2月~6月 準決勝大会

7月     国内決勝大会

8月     ドイツ・タウバタール野外フェスでの世界決勝大会

外部リンク[編集]