エッテン=ルール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エッテン=ルール
Etten-Leur
Etten-Leur vlag.svg Coat of arms of Etten-Leur.svg
基礎自治体ヘメーンテ)旗 基礎自治体ヘメーンテ)章
位置
の位置図
座標 : 北緯51度34分 東経4度38分 / 北緯51.567度 東経4.633度 / 51.567; 4.633
行政
オランダの旗 オランダ
  北ブラバント州の旗 北ブラバント州
 基礎自治体ヘメーンテ エッテン=ルール
地理
面積  
  基礎自治体ヘメーンテ)域 55.88km2
    陸上   55.46km2
    水面   0.42km2
人口
人口 (2007年1月1日現在)
  基礎自治体ヘメーンテ)域 40,604人
    人口密度   732人/km2
  備考 Statline
その他
等時帯 CETUTC+1
夏時間 CESTUTC+2
公式ウェブサイト : http://www.etten-leur.nl

エッテン=ルールEtten-Leur 190 Etten-Leur.ogg 発音を聞く[ヘルプ/ファイル])は、オランダ北ブラバント州基礎自治体ヘメーンテ)である。もともとエッテンとルールという二つの町であったが、統合した。

歴史[編集]

エッテン、ルールともに中世にできた町であり、ネーデルラント連邦共和国時代(16世紀 - 18世紀)には、この地域が戦場となった八十年戦争の時期を除き、比較的栄えた。エッテンは泥炭の産出地であり、ルールはその貿易港として働いていた。

しかし、19世紀には両市の経済的重要性は低下した。この時期、フィンセント・ファン・ゴッホが短期間この町にあった両親の家に住み、今ではゴッホはエッテンとルールの歴史で最も有名な住民となっている。1950年に、オランダ政府が人口増加と産業の発展を促す政策をとったことにより、衰退から回復し始めた。そして両市は統合してエッテン=ルールという一つの自治体となった。

交通[編集]

オランダ鉄道のエッテン=ルール駅がある。

外部リンク[編集]

座標: 北緯51度34分 東経4度38分 / 北緯51.567度 東経4.633度 / 51.567; 4.633