エチレンオキシド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エチレンオキシド
識別情報
略称 EO, EtO
CAS登録番号 75-21-8 チェック
PubChem 6354
ChemSpider 6114 チェック
UNII JJH7GNN18P チェック
EINECS 200-849-9
KEGG D03474
MeSH Ethylene+Oxide
ChEBI CHEBI:27561
RTECS番号 KX2450000
特性
化学式 C2H4O
モル質量 44.05 g mol−1
外観 無色の気体
密度 0.887 g/mL (7 °C)
融点

−111.3 °C, 162 K, -168 °F

沸点

10.7 °C, 284 K, 51 °F

への溶解度 可溶
屈折率 (nD) 1.3597 (7 °C)
熱化学
標準生成熱 ΔfHo −52.6 kJ mol−1
標準モルエントロピー So 243 J mol−1 K−1
危険性
主な危険性 発癌性物質
NFPA 704
NFPA 704.svg
4
3
3
引火点 −20 °C
爆発限界 3 to 100%
関連する物質
関連する複素環式化合物 アジリジン
エチレンスルフィド
ボリラン
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。
専用コンテナによる酸化エチレンの輸送

エチレンオキシド (ethylene oxide) は、有機化合物の一種で、三員環の構造を持つ環状エーテルである。化学式は C2H4O、分子量 44.05 の最も単純なエポキシドである。別名として、エポキシエタン (epoxyethane)、オキシラン (oxirane)、オキサシクロプロパン (oxacyclopropane)、酸化エチレンエチレンオキサイド (ethylene oxide) とも呼ばれる。IUPAC命名法では、1,2-エポキシエタン (1,2-epoxyethane) が最も一般的。 作業環境における管理濃度は1ppmである。2012年10月1日施行の改正女性労働基準規則[1]の対象物質となる。

性質[編集]

有機溶媒のいずれにもよく溶ける。立体的なひずみエネルギーにより、特に求核剤に対して反応性が高い。他の有機物質を合成するときの中間体として用いられる。また、医療機器や精密機械を滅菌するために用いられる。猛毒。常温大気圧下の空気中での爆発範囲は3.0-100%である。つまり、空気がなくとも火花や静電気などによって爆発する、分解爆発性を有する。

合成[編集]

工業的には、を担持させたアルミナ触媒のもと、1–3 MPa、200–300 °Cエチレン酸素とを作用させて合成される。

酸化エチレンの 2008年度日本国内生産量は 865,247 t、工業消費量は 593,943 t である[2]

エチレンオキシドを最初に合成したアドルフ・ヴュルツは、2-クロロエタノールと塩基を用いた(分子内ウィリアムソン合成)。

エチレン過酸化水素、あるいは過酸との反応によっても作ることができる。

反応[編集]

エチレンオキシドに触媒として水と反応させるとエチレングリコール (HOCH2CH2OH) が得られる。この反応で水の量を減らせば、ポリエチレングリコール (PEG) が生成する。さらに、水のない条件で酸を作用させるとカチオン重合によりポリエチレンオキシド (PEO) となる。

また、グリニャール試薬 (RMgX) と反応させると加水分解後に第一級アルコール (RCH2CH2OH) となる。3員環の開環によりひずみエネルギーが解放されるため、このほかにもさまざまな求核剤に対するヒドロキシエチル化剤として良い反応性を示す。

アセタール樹脂エピクロロヒドリンゴムなどの原料として利用される。

参照資料[編集]

  1. ^ 女性労働基準規則
  2. ^ 化学工業統計月報 - 経済産業省
  • 野村正勝、鈴鹿輝男 編、「最新工業化学」講談社、2004.