エスペラント版ウィキペディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エスペラント版ウィキペディアのロゴ

エスペラント版ウィキペディア (Vikipedio en Esperanto) はエスペラントにより記事が執筆され、ウィキメディア財団によって運営されるウィキペディアである。ドイツ人のチャック・スミスにより2001年11月6日に創設され、2014年7月の時点で約19,8000項目を有し、人工言語で執筆されるウィキペディアとしては異例の大規模さを誇る。

ウィキペディアのエスペラントでの名称はVikipedio(ヴィキペディーオ)である。これはエスペラントにおける外来語転写の慣例に従っている。

特色[編集]

  • パンくずリスト (navigilo) が地理以外の記事でも普通に見られる。
  • 家族名全文字大文字化 (Majuskligo de familiaj nomoj) と呼ばれる、家族名(姓や氏)を全て大文字で書く方法がごく初期のころから使用された。この方法は姓を後に書く必要がなくなるため、日本人の名前でも原語での順番と同じように書くことが出来るという利点があり、また姓によってソートする場合に便利である。しかし、フランス語やドイツ語などの人名にみられるde, vonなどを大文字にするかどうかで表記が揺れてしまうことや、他の言語などから記事を翻訳するには「家族名全文字大文字化」しなければならず、作業が煩雑になる問題があり、批判が多かった。2006年3月に表記法を決める投票が行われ、3月28日に「記事名では大文字化しないが、記事の最初では大文字化する。」ということで決着が着いた。また従来通りそれぞれの言語での慣例にあわせた順番で書くことになった。家族名全文字大文字化はエスペラントでは主流というわけではないが、TEJO世界青年エスペラント連盟)などでは普通に使われている。
  • エスペラント化されていない固有名詞の表記方式は原則として、多くのエスペラントの雑誌などで採用されている「民族語表記+発音括弧併記」方式 (Nacia Lingvo Prononco Parenteze, NLPP) である。
  • 多くのエスペラント初心者が参加しており、エスペラント熟練者の助けを借り、学習しながら編集している。初心者にありがちな文法間違いなども多くみられる。初心者が熟練者の助けを借りながら共同作業に携わりながら語学を学ぶことは、「ザメンホフ通り」の翻訳などでもみられるようにエスペラントでは珍しいことではない。

メインページ[編集]

メインページ下部にはエスペラントが話せない人向けの多言語による説明"Pri ĉi tiu paĝo"(このページについて)があり、各言語の話者をそれぞれの言語ウィキペディアに誘導するようになっている。2006年10月現在29言語で書かれている。

代用表記[編集]

エスペラント版ウィキペディアは記事に代用表記を使用していないが、編集ではX-方式の代用表記を使用している。編集ページでX-方式を使用して編集して保存すると、記事ページでは字上符付き文字が表示される仕組みになっている。閲覧、編集にはユニコード対応ブラウザを使うことが望ましい。

外部からの記事の提供[編集]

歴史[編集]

2001年
2002年
2003年
  • 3月11日 : Ĝangaloがウィキペディアを紹介する。[1]
  • 12月5日 : 記事数が10,000項目に到達する。
2004年
  • 12月23日 : ウィキペディアのソフトウェアのバージョンが1.4に移行するが、エラーなどにより約1か月間執筆し辛い状況が続き、投稿が著しく減少する。
2005年
2006年
  • 2月5日 : 記事数が40,000項目に到達する。
  • 3月 : 家族名全文字大文字化に関する投票が行われる。28日に「記事名では大文字化しないが、記事の最初では大文字化する。」ということで決着が着いた。
  • 7月7日 : 記事数が50,000項目に到達する。記念記事はViktoria_Akvofaloヴィクトリア滝)。
  • 10月21日 : 記事数が60,000項目に到達する。記念記事はHistorio de kristanismoキリスト教の歴史)。
2008年
  • 6月15日 : 記事数が100,000項目に達する。記念記事はeo:Monfalsado(通貨偽造)。

外部リンク[編集]