ポーランド語版ウィキペディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィキペディアのアイコン ポーランド語版ウィキペディア
ポーランド語版のロゴ
メインページスクリーンショット(2007年4月24日)
メインページスクリーンショット(2007年4月24日)
URL pl.wikipedia.org
営利性 なし
タイプ オンライン百科事典
登録 任意
使用言語 ポーランド語
運営者 ウィキメディア財団
設立日 2001年9月26日
ウィキマニア2013でのポーランド語版ウィキペディアン

ポーランド語版ウィキペディア (Polska Wikipedia) はポーランド語で編集されているウィキペディアである。2011年9月に開設され、2013年11月時点で約1,010,000の記事があり、これは全言語版中9位である[1]スラブ語派言語の中では2番目に大きく、単一国家の公用言語としては最も大きい。

歴史[編集]

ポーランド語版ウィキペディアは、2001年9月26日に、wiki.rozeta.com.plドメインによる独立したプロジェクトとして、物理学者でウィキペディア編集者でもあるPaweł Jochym と、医者の Krzysztof P. Jasiutowicz (Kpjas) によって開設された。英語版ウィキペディア創設者の提案により、2002年1月12日にpl.wikipedia.comとして国際的なプロジェクトに組み込まれ、同年11月22日にpl.wikipedia.orgに移行した。サイバースクワッティング予防のため、wikipedia.pl ドメインを所有している。

年表[編集]

  • 2005年1月27日、ポーランドウィキペディアの創設者、P. JasiutowiczとPaweł Jochymが、インターネットObywatelskiによる、2004年度インターネット市民賞を受賞した[2]
  • 2005年7月、フランス語、ポーランド語、イタリア語の政府公式ページから自治体の統計をアップロードするようにプログラムされたbotのひとつtsca.botが、数ヶ月で4万以上の記事を作成した。
  • 2005年9月4日、記事数がオランダ語版を越えたが、直後の9月9日、イタリア語版に越され7番目に大きな言語版になった。
  • 2005年9月18日、記事数がスウェーデン語版を越えて6番目に大きな言語版になった。
  • 2005年9月23日、イタリア語版を越えて5番目に大きな言語版になった。
  • 2006年1月15日、日本語版を越えて4番目に大きな言語版になった。
  • 2009年10月13日、ポーランドのIT企業の中で最も革新的であるとして、2009年ヤン・ウカシェヴィチ賞を受賞した[3][4]
  • 2011年5月12日、イタリア語版に抜かれ5位に戻った。
  • 2011年10月26日、スペイン語版に抜かれて6番目に大きいウィキペディアとなった。
  • 2011年10月30日、オランダ語版に抜かれて7番目に大きいウィキペディアとなった。記事数約84万。
  • 2012年1月10日、再びスペイン語のウィキペディアを追い抜き第6位になった。記事数約87万。
  • 2012年6月4日、90万記事に達した。
  • 2012年10月15日、スペイン語版に抜かれ、再び7位となった。
  • 2012年12月3日、ロシア語版に抜かれて、8位となった。
  • 2013年6月15日、スウェーデン語版が万単位の記事を作成し、ポーランド語版は第9位となった。
  • 2013年9月24日、記事数が100万に達した。

特徴[編集]

当地のウィキペディアにも様々な特徴があるが、中でも際立っているのは日本語版のCategory:ウィキペディアンに相当するユーザーボックスの充実が挙げられる。とりわけ、様々な専門分野を扱う「専門分野別のウィキペディアン」(pl:Kategoria:Specjalności)のカテゴリが整っている。当地では「人名索引」(pl:Noty biograficzne)をはじめとする各種の索引類も整備が行き届いている。

脚注[編集]

  1. ^ m:List of Wikipedias 2013年11月18日閲覧
  2. ^ Internetowy Obywatel Roku 2004. January 27, 2005. Retrieved June 21, 2013 (ポーランド語)
  3. ^ "2009 International Multiconference on Computer Science and Information Technology (IMCSIT)". IMCSIT.org. 2009. Retrieved December 4, 2012.
  4. ^ "Nagroda im. Jana Łukasiewicza dla ITTI". Polish Information Processing Society (ポーランド語). 2009. Retrieved October 19, 2012.

外部リンク[編集]