エスキモーコシャクシギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エスキモーコシャクシギ
エスキモーコシャクシギ
エスキモーコシャクシギ Numenius borealis
保全状況評価
CRITICALLY ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 CR.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
: シギ科 Scolopacidae
: ダイシャクシギ属 Numenius
: エスキモーコシャクシギ
N. borealis
学名
Numenius borealis (Forster, 1772)
和名
エスキモーコシャクシギ
英名
Eskimo curlew

エスキモーコシャクシギNumenius borealis)は、動物界脊索動物門鳥綱チドリ目シギ科ダイシャクシギ属に分類される鳥類。

分布[編集]

以前は夏季にカナダで繁殖し、冬季になるとアルゼンチンチリへ南下し越冬していた。

形態[編集]

全長29-34cm。翼開張81-85cm。上面は濃褐色、下面は淡黄色の羽毛で覆われる。静止時には翼の先端が尾羽の先端よりも後方にある。

嘴は下方へ湾曲する。後肢は短い。

生態[編集]

非繁殖期にはパンパスに生息し、渡りの途中では草原プレーリーヒース)、岩礁海岸干潟にも生息する。大規模な群れを形成し生活する。

食性は雑食で、昆虫貝類ゴカイ果実ガンコウラン)などを食べる。

ツンドラに巣を作り、5-8月に1回に4個の卵を産む。

人間との関係[編集]

開発による生息地の破壊、乱獲などにより生息数は激減している。近年はまれに不確実な目撃例があるのみで、確実な繁殖地や越冬地も不明。1992年における生息数は約50羽と推定されている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『レッド・データ・アニマルズ1 ユーラシア、北アメリカ』、講談社2000年、195頁。
  • 『絶滅危惧動物百科6 サイ(スマトラサイ)―セジマミソサザイ』 財団法人自然環境研究センター監訳、朝倉書店2008年、28-29頁。

外部リンク[編集]


執筆の途中です この項目「エスキモーコシャクシギ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類