エクスコム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国家安全保障会議執行委員会(Executive Committee of the National Security Council)、略称エクスコム(ExComm)とは、1962年10月に起こったキューバ危機に対処するためにジョン・F・ケネディ政権下で設置された機関。危機の12日間の間、絶え間なく会議を開き、危機の回避に努めた。また、その後も6週間ほど立て続けに会議を開いた。この会議の中でメンバーは、役職や地位に関わりなく自由闊達に意見交換を行い、慎重を要する対応の決定に大きな役割を果たした。メンバーの中にはNATOの支持を得るためド・ゴールの説得に当たったディーン・アチソンや駐米ソ連大使アナトリー・ドブルイニンとの会見をもったロバート・F・ケネディのように、危機回避のために外国要人と直接会見し、大きな役割を果たした者もいる。構成員はアメリカ国家安全保障会議 (NSC)の9人と追加の4人であり、他に十数人の顧問がいた。

会議はホワイトハウスのウェストウィングにあるキャビネットルームで行われた[1]

これらの構成員や顧問の役割は肩書き抜きであり、外交問題評議会(CFR)メンバーとして若いケネディ政権を圧倒する経験、知識、影響力を持っていた。ワシントンとニューヨークの政財界を往来するエスタブリッシュメントの有力者であり、数年後にはジョンソンにベトナム戦争の拡大を承認し、その後戦況が悪化したときに撤退を勧告する「賢人Wisemen」として活動する[2]

例えばディロン財務長官はディロン・リード商会、ボール国務副長官はリーマンブラザース出身、マクロイは大手石油企業数社の首席弁護士、ポール・ニッツェも財界人といえる。ラスク国務長官の前職はロックフェラー財団理事長、バンディ補佐官は辞任後フォード財団理事長になる。


構成員[編集]

★は正式メンバー、他は顧問。

国家安全保障会議[編集]

ホワイトハウス[編集]

国務省[編集]

国防総省[編集]

CIA[編集]

  • マーシャル・S・カーター 中将--- 中央情報副長官
  • レイ・クライン---情報担当次官(CIAキャリア)
  • アーサー・ルンダール

海外情報局(USIA)(広報宣伝機関)[編集]

  • ドナルド・ウィルソン --- USIA次長

緊急計画局(OEP[3])[編集]

  • エドワード・A・マクダーモット --- OEP長官

その他[編集]

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ 国家安全保障会議の緊急対応は指揮通信の整った地下にあるシチュエーションルームで行われるが、とても狭い。エクスコムは核戦争やテロの危険があるのに、地上の部屋で開かれていた。
  2. ^ 有力者の中では、W・アヴェレル・ハリマン、H・キャボット・ロッジ、ピーター・G・ピーターソン、アーサー・H・ディーンなどがエクスコムに参加していない。
  3. ^ Office of Emergency Plannninng。大統領直属機関。FEMAの前身。
  4. ^ 第2次世界大戦後の世界秩序を作り上げた中心人物。
  5. ^ 第2次世界大戦中に空軍を作り上げた文官側の中心人物で、マクナマラ国防長官の師匠格。
  6. ^ 弁護士、元陸軍次官補、エスタブリッシュメントの総帥格。