ウッズホール海洋研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウッズホール海洋研究所(-かいようけんきゅうじょ、英語: Woods Hole Oceanographic Institution、略称:WHOI)は、アメリカマサチューセッツ州ウッズ・ホールに所在する海洋研究施設の複合体で、およそ40ほどの建造物より構成されている。非営利研究法人で、基礎分野から応用海洋学まで幅広く研究スタッフを備えている。

研究は、アメリカ海軍米国科学財団からの資金供与で行われており、500人を越える研究者、エンジニア、スタッフが活動している。大学院課程の教育機関でもある。

同研究所に所属するロバート・バラードRobert Ballard)を中心とした、1980年代初期から中期にかけてのタイタニック号の沈没船体探索の成功でも有名である。また、深海潜水艇アルビン号の運用もここで行っている。

1975年の訪米の際、10月4日に昭和天皇は当研究所を見学している。[1]

ウッズ・ホールにはウッズホール海洋生物学研究所(WHMBL)も所在する。

外部リンク[編集]