ウッズホール海洋生物学研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウッズホール海洋生物学研究所(-かいようせいぶつがくけんきゅうじょ、: Marine Biological Laboratories, MBL, WHMBL)は、アメリカマサチューセッツ州ウッズホールにある全米最古の海洋生物学研究所

概要[編集]

設立は1888年で、当初は少数の有志によって設立された。50名近くの通年研究者が研究しているが、避暑地である土地柄もあり、夏季には世界中から科学者・学生が研究に訪れる。

単一の研究所としては、最多のノーベル賞受賞者を輩出している。遺伝学トーマス・ハント・モーガンをはじめとして、近代発生生物学の開祖 アーネスト・E・ジャストジャック・レーブカブトガニを用いた視覚研究のハルダン・ケファー・ハートラインハマグリからサイクリンを発見したJoan Rudermanとティモシー・ハントなどの研究はいずれも生物学に革命的な進歩をもたらした。

DNAの2重螺旋のジェームズ・ワトソンアメフラシを用いて記憶のメカニズムを明らかにしたエリック・カンデルなども在籍した。そのほか、イカ (Loligo pealei) の巨大神経軸索の研究モデルや、カブトガニ日内時計の研究モデルなどもMBLで確立した世界的モデルである。

有名な女性研究者も多く輩出しており、トランスポゾンを発見したバーバラ・マクリントックなども研究所にゆかりのある研究者の一人である。遺伝学発生学神経生理学などが有名であるが、それ以外にも生態系の研究としても世界的に有名である。

日本人ではこれまで、團勝磨井上信也下村脩など世界的な研究者が在籍している。

クジラの研究で有名なウッズホール海洋研究所は、MBLの近辺にあるがMBLとは独立した研究所である。

アクセス[編集]

ボストン南駅のホームの直上に設けられた高速バス発着所からからウッズ・ホールにへピーターパン・バスが1〜2時間おきに運行されている。所要時間は2時間弱。ウッズ・ホールバス停からは徒歩5分程度。ローガン国際空港からボストン南駅へは無料のシルバーライン(SL1系統)に乗ると20分ほどで到着する。ニューヨーク方面からはアムトラックアセラ・エクスプレスでボストン南駅へ到達する事も可能。

外部リンク[編集]