ウィリアム・ボルコム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウィリアム・ボルコム (William Bolcom、1938年‐ )は、アメリカ合衆国ワシントン州出身のラグタイムを中心とするジャズ作曲家ピアニストグラミー賞を2回受賞している。

彼の代表曲は「優雅な幽霊のラグ」、「ポルターガイスト」など。「優雅な幽霊のラグ」は、2006年ISUグランプリファイナル金妍兒が使用したことで話題となった。

経歴[編集]

1938年5月26日ワシントン州シアトルで生まれる。

11歳の時に作曲を学ぶ為にワシントン大学に入る。

1975年の時、メゾソプラノ女性歌手ジョアン・モリス結婚する。

1988年の時、「ピアノのための12の新しいエチュード」でピューリッツァー賞 音楽部門を受賞する。

作品[編集]

  • 1957: First Symphony
  • 1964: Symphony No. 2 "Oracles"
  • 1967: Black Host (Nonesuch H-71260)
  • 1970: 優雅な幽霊のラグ
  • 1971: Commedia (for "Almost" 18th Century Orchestra)
  • 1976: Concerto for Piano and Orchestra
  • 1979: Third Symphony (for Chamber Orchestra)
  • 1979-1984: Gospel Preludes [1] (Books 1-4)
  • 1984: Songs of Innocence and of Experience (William Blake)
  • 1984: Lilith for Alto Saxophone and Piano
  • 1984: Concerto in D for Violin and Orchestra
  • 1977-85: Cabaret Songs (Vol. 1 and 2)
  • 1986: Fantasia Concertante, for viola, cello and orchestra
  • 1986: Fourth Symphony
  • 1977-86: Twelve New Etudes for Piano [Winner of 1988 Pulitzer Prize in Music]
  • 1989: Fifth Symphony
  • 1990-92: McTeague
  • 1992-93: Lyric Concerto for Flute and Orchestra
  • 1993-96: Cabaret Songs (Vol. 3 and 4)
  • 1996: Gaea, Concerto for Two Pianos Left Hand, and Orchestra
  • 1996-97: Sixth Symphony
  • 1997-98: A View from the Bridge
  • 1998: Concert Suite (for alto saxophone and band)
  • 2000: Piano Quintet
  • 2002: Seventh Symphony
  • 2004: A Wedding
  • 2005: Eighth Symphony
  • 2006: Canciones de Lorca
  • 2007: Lucrezia
  • 2008: First Symphony for Band
  • 2009: Prometheus

その他[編集]

外部リンク[編集]