インプ (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インプ
インプ(手前側)がエスリバート(奥側)を破った一戦
インプ(手前側)がエスリバート(奥側)を破った一戦
英字表記 Imp
品種 サラブレッド
性別
毛色 青毛
生誕 1894年
死没 1909年
Wagner
Fondling
母の父 Fonso
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Daniel R. Harness
馬主 Daniel R. Harness
John E. Madden
調教師 Charles E. Brossman
→Peter Wimme
競走成績
生涯成績 171戦62勝
獲得賞金 70,069ドル
テンプレートを表示

インプImp1894年 - 1909年)とは、アメリカ合衆国サラブレッド競走馬、および繁殖牝馬である。19世紀末のアメリカ競馬で171戦をこなし、1899年のアメリカ年度代表馬に選出された。1965年アメリカ競馬殿堂入りを果たしている。

その真黒な青毛の馬体から、当時の流行歌に因んでマイ・コールブラック・レディ (My Coal Black Lady) という愛称が付けられていた。世紀の変わり目に活躍したインプは後年に「ゲイ・ナインティーズ(古き良き1890年代)の象徴」として引き合いに出されることがある。

経歴[編集]

オハイオ州チリコーシのダニエル・R・ハーネスの牧場で生産されたサラブレッドである。競走馬デビューも地元オハイオ州およびケンタッキー州で行い、チャールズ・ブロスマン調教師のもとで2歳時は短距離戦を中心に使われ、その年11戦3勝と、この時代としては普通の出走回数、およびそこそこの成績に留まった。

しかし翌年以降は当時としても異例なまでの出走回数をこなしていくことになる。3歳時は実に50回の出走を経験し、14勝と2着10回で4,934ドルの賞金を稼いで話題となった。4歳時には年初に4連闘をこなした後にシカゴの競馬場に送られ、そこで11戦10勝と優秀な成績を収めた。この年は出走回数こそ減ったものの21勝と勝ち数を増やし、さらに当時の大競走であったサバーバンハンデキャップにも挑戦したが、ここでは敗れている。

5歳時は東海岸の競走にも多く使われるようになり、ブライトンハンデキャップではローレンスリアライゼーションステークス勝ち馬のエセルバートに9ポンド差のハンデキャップを与えながらこれを破っている。さらにサバーバンハンデキャップにも再挑戦し、16頭立てで行われた同競走を2分5秒80の勝ち時計で優勝、初の牝馬による同競走制覇を成し遂げた。地元チリコーシにおいてはこの快挙に大いに沸き、インプが凱旋帰郷した際には特別祝日を設けるなど町を挙げて出迎え、「マイ・コールブラック・レディ」の演奏とともにパレードを行っている[1]

6歳時の有名な一戦にアドヴァンスステークスがあり、インプはここで後続に30馬身差をつける大圧勝劇を繰り広げ、さらにダート14ハロン(約2816メートル)のアメリカレコードを樹立している。最後のシーズンとなった1901年の7歳時に調教師がピーター・ウィマーに替わったが、それでも13戦して3勝を挙げている。

インプは7歳のシーズンをもって引退した。現役中171戦をこなし、うち62戦で勝ち、2着35回、3着29回という高い複勝入着率を最後まで維持し続けた。またレコードタイムも各地で記録しており、アメリカレコードでは上述の14ハロンのほか、8.5ハロン(約1709メートル)、10ハロン(約2012メートル)、12ハロン(約2414メートル)の記録を塗り替えていた。

引退後[編集]

1902年にハーネスが亡くなると、インプは当時の大馬主ジョン・E・マッデンに売却され、マッデンのハンブルクプレイスファームで繁殖牝馬となった。そこでインプは6頭の仔を産み[2]、うちの1頭ファウスト(Faust 1904年生、牡馬)がステークス競走勝ちを収めている。

インプは1909年に没し、ハンブルクプレイスファームの墓地に埋葬された。墓石には「The black whirlwind(黒い旋風)」と刻まれていた。後の1996年に同牧場敷地の所有者であったパトリック・マッデン(ジョン・マッデンの曾孫にあたる)は同地を売却して商業区画に変え[3]、2004年には競走馬らの墓地も開発の対象とされた[4]。現在同地はウォルマートの店舗が建てられ、墓地は別所に移設されている[5]

評価[編集]

主な勝鞍[編集]

※当時はグレード制未導入

1896年(2歳) 11戦3勝
1897年(3歳) 50戦14勝
1898年(4歳) 35戦21勝
1899年(5歳) 31戦13勝
サバーバンハンデキャップ、ブライトンハンデキャップ
1900年(6歳) 31戦8勝
アドヴァンスステークス
1901年(7歳) 13戦3勝

以下、優勝時期不詳の勝鞍。

メモリアルデイハンデキャップ、モナードノックステークス、オースティンステークス、スピードステークス、ダッシュステークス、アイリップカップ、オーシャンハンデキャップ、ターフハンデキャップ、オリエンタルハンデキャップ、スペシャルカップ(3度優勝)、パークウェイハンデキャップ、マホーパックハンデキャップ
2着 - ニューローチェルハンデキャップ、コニーアイランドハンデキャップ、ブルックデールハンデキャップ、ロングアイランドハンデキャップ、ブライトンカップ、ミュニシパルハンデキャップ、エンパイアシティハンデキャップ、アイドルワイルドハンデキャップ
3着 - サプファイアステークス、オークウッドハンデキャップ、クレアモントハイウェイトハンデキャップ、ロングアイランドハンデキャップ、フォールハンデキャップ、ビギニングススプリングハンデキャップ(2回)、メトロポリタンハンデキャップ、シープスヘッドベイハンデキャップ、ブライトンハンデキャップ、アイリップハンデキャップ、サラトガカップ

年度代表馬[編集]

  • 1899年 - アメリカ年度代表馬、最優秀古牝馬
  • 1900年 - アメリカ最優秀古牝馬

表彰[編集]

血統表[編集]

インプ血統(ストックウェル系(エクリプス系)/Stockwell・Rataplan 父内4x4x5=15.63%、 Lexington 母内4x5=9.38%)

Wagner
1882 鹿毛 イギリス
Prince Charlie
1869 イギリス
Blair Athol Stockwell
Blink Bonny
Eastern Princess Surplice
Tomyris
Duchess of Malfi
1873 鹿毛 イギリス
Elland Rataplan
Ellermire
Duchess St. Albans
Bay Celia

Fondling
1886 青鹿毛 アメリカ
Fonso
1877 栗毛 アメリカ
King Alfonso Phaeton
Capitola
Weatherwitch Weatherbit
Birdcatcher Mare
Kitty Herron
1875 鹿毛 アメリカ
Chillicothe Lexington
Lilla
Mollie Foster Asteroid
Little Miss F-No.4-r

父ワグナーはイギリスで競走生活を送った馬で、デビュー戦のウィルトンパークステークスで勝利を挙げたのちに引退した、1戦1勝の戦績の馬であった。母フォンドリングも1戦のみで引退した馬で、こちらはデビュー戦で故障したため未勝利のままで引退した馬であった。

備考[編集]

  1. ^ Etched in Stone p.23-25
  2. ^ Etched in Stone p.23-25
  3. ^ about us - Hamburg Place(英語)
  4. ^ New Development at Hamburg Place Would Move Horse Graves - BloodHorse.com(英語)
  5. ^ Hamburg Place Horse Cemetery - Lexington, KY - Waymarking.com(英語)

参考文献[編集]

  • Etched in Stone : Thoroughbred memorials (2000 著者: Lucy Zeh、 出版: ブラッド・ホース出版局 ISBN 1-58150-023-8
  • Women of the Year - Ten Fillies Who Achieved Horse Racing's Highest Honor (2004 著者: ブラッド・ホース編集部 出版: Eclipse Press ISBN 1-58150-116-1

外部リンク[編集]