インドールアルカロイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

インドールアルカロイド: indole alkaloid)はインドールを基本骨格に持つアルカロイドの一群を指す。最も数多くのアルカロイド化合物が属する分類の一つであり、これまでに4100種類以上のインドールアルカロイド類が知られている[1]。多くが顕著な生理活性を有している。

インドールアルカロイドとしては、

ビンブラスチンビンクリスチンスタウロスポリンなど2つのインドール環を含むアルカロイドは、ビスインドール (bisindole) と呼ばれる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ David S. Seigler. Plant secondary metabolism. — Springer, 2001. — p. 628. — 776 p. — ISBN 0412019817

参考文献[編集]

  1. Tadeusz Aniszewski. Alkaloids – secrets of life. — Amsterdam: Elsevier, 2007. — 335 p. — ISBN 978-0-444-52736-3
  2. Manfred Hesse. Alkaloids. Nature's Curse or Blessing. — Wiley-VCH, 2002. — 414 p. — ISBN 978-3-906390-24-6
  3. Paul M Dewick. Medicinal Natural Products. A Biosynthetic Approach. Second Edition. — Wiley, 2002. — 515 p. — ISBN 0471496405