イワタケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イワタケ
分類
: 菌界 Fungi
: 子嚢菌門 Ascomycota
: チャシブゴケ菌綱 Lecanoromycetes
: チャシブゴケ目 Lecanorales
: イワタケ科 Umbilicariaceae
: イワタケ属 Umbilicaria
: イワタケ U. esculenta
学名
Umbilicaria esculenta
(Miyoshi) Minks
和名
イワタケ(岩茸)

イワタケ(岩茸・石茸、Umbilicaria esculenta)は、深山の岩壁に着生する地衣類の一種。東アジアの温帯に分布し、中国日本韓国では山菜生薬として利用する。

名称[編集]

中国語では、「石耳」(シーアル shí'ér)という。地方名に「石木耳」(陝西省)、「岩菇」(江西省)、「地木耳」(貴州省)、石壁花などがある。

韓国語でも「석이」(ソギ、石耳)という。

日本の地方名にイワガシャー(長野県上伊那郡)、タケキノコ(岳茸。長野県北安曇郡)、イワナバ(鹿児島県肝属郡)がある[1]

生態[編集]

二代目歌川広重諸国名所百景』「紀州熊野岩茸取」

径数センチメートルから10センチメートルほどの偏平な葉状地衣類で、最大30センチメートルになる。上面は灰色、下面は黒くとげ状の毛が密生する。裏面の中央部にサンゴ状に枝分かれした突起があり、ここで岩に固着する。革状で、乾燥するともろい。

分布[編集]

東アジアの温帯の日当たりがよい岩壁に分布する。中国では江西省安徽省浙江省が主産地で、廬山黄山九華山などの観光地として知られる山で、特産品として扱われている。特に廬山では「石魚」(ヨシノボリの同属種)、「石鶏」(スピノーザトゲガエル)と共に「三石」と称され、名産品となっている。雪などの影響がなければ、年中採取できる。

利用[編集]

韓国風のイワタケと松の実の炒め物

中国では、江西料理安徽料理で、炒め物、煮物、シロップ煮などに使われる。日本では、ゆでて酢の物などにして食べることが多い。味は余りないので、調味料でしっかり味をつけるのが普通である。

干して流通しているので、まず塩を少し加えたぬるま湯に付けて戻し、もみ洗いして細かい砂を洗い落とす。裏側の毛があると食感が悪いので、こすり落とす。

中国では生薬としても利用される例がある。『日用本草』では「性寒、味甘、無毒」とし、「清心、養胃、止血」の効能があるとしている。慢性気管炎に有効との報告もある。成分として、ギロホール酸レカノール酸を含む事が知られている。

脚注[編集]

  1. ^ 尚学図書編、『日本方言大辞典』、小学館、1989年

参考文献[編集]

  • 江蘇新医学院編、『中薬大辞典』、上海科学技術出版社、p582、1986年、ISBN 7-5323-0842-1