イブ・ロッシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イブ・ロッシー

イブ・ロッシーYves Rossy , 1959年8月27日 - )は、スイス発明家パイロット。発明品の、小型のジェットエンジンを搭載した飛行装置で滑空するため、ジェットマン (Jet Man)やフージョンマン (Fusion Man)などのあだ名が付いている[1]

人物・来歴[編集]

ジェットエンジンを搭載した翼

彼はジェットエンジンを搭載したを背負ってその推力で空を滑空した最初の人間である。ジェットパック英語版のように人間が直接空を飛べるものは既に第二次世界大戦中に考案されていたが、翼があるもので飛んだのは彼が初めてである。

彼は、カーボンファイバー製の翼幅が約2.4メートルほどの、折り畳み機構が付いた翼の下に、ケロシンを動力とする小型のジェットエンジンが4つ搭載されたリュックサックのように背負う飛行装置を発明した。また、ジェットエンジンの排気ガスの熱に耐えられるように消防士レーシングドライバーが着用するような防火性の高い服を用意した[2]。飛行の際には、いったん小型飛行機で上空に移動してから、飛行装置の翼をたたんだ状態で飛行機から飛び降りて、翼を展開してジェットエンジンの推力で空を滑空し、パラシュートを使用して地上に降りた[3]

最初の飛行実験は2004年6月24日ジュネーヴ上空で行い、それ以降30回以上の飛行実験を重ねてきた。

2008年5月14日ジュネーブ湖の近くにあるベックスで初の公開デモンストレーションを行い、約6分間、空を飛ぶことに成功した。

2008年9月26日には9分7秒[4]の飛行に成功し、フランスカレーからイギリスドーバーへとドーバー海峡を横断し、その動画がインターネット上で公開された。その際の最高速度は299km/hに達した。

同じ2008年、今度はアルプス越えに挑戦、その際304km/hを記録した。

2011年5月7日アメリカ合衆国グランド・キャニオンの上空おいて約8分間の飛行を行った[5]

かつて彼はスイス空軍の戦闘機パイロットを務めており、ミラージュIIIF-5ホーカーハンターなどに乗っていた。スイス航空ボーイング747を操縦していた経験もあり、現在はスイスインターナショナルエアラインズエアバスA320パイロットを務めている。

彼とスポンサーはこれまで装置に19万ドル以上の費用を費やしている[6]

脚注・参照[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]