アーノルド・ドルメッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アーノルド・ドルメッチArnold Dolmetsch1858年2月24日 - 1940年2月28日)はフランス出身のイギリスで活動した演奏家楽器製作者。20世紀における古楽復活の先駆者である。

生涯[編集]

ドルメッチ家のルーツはボヘミアであるといわれているが、アーノルドが生まれたころはフランスのル・マンでピアノ製造業を営んでいた。ドルメッチはブリュッセル音楽院アンリ・ヴュータンヴァイオリンを学んだ。1883年よりロンドン王立音楽大学に留学し、1889年に学士号を取得した。

卒業後はダリッジ・カレッジの音楽教師となったが、大英博物館で歴史的楽器の展示を目にして、古楽器に興味を持つようになった。1893年リュートを製作したのをはじめとして、1905年から1911年までボストンチッカリング社のために、1911年から1914年までフランスのガヴォー社のためにクラヴィコードハープシコードを製作した。

その後、サリー州ヘーズルミアに楽器製作工房を構え、ヴィオール属・リュート・リコーダー鍵盤楽器などほとんどすべての15世紀から18世紀までの楽器を復元した。1915年には『17・18世紀の演奏解釈』を著し、オーセンティックな古楽演奏の発展の基礎を築いた。1925年には「国際ドルメッチ古楽音楽祭」を創設した。これは毎年7月にヘーズルミアで開催される室内楽祭である。

彼の貢献として、アマチュアや学校教育へのリコーダーの普及や、ジョン・ジェンキンズウィリアム・ローズなどイギリスのヴィオール・コンソート作曲者の再評価があげられる。

ドルメッチはロンドンの芸術家と積極的に交流し、友人や支援者にはウィリアム・モリスロジャー・フライジョージ・バーナード・ショーエズラ・パウンドウィリアム・バトラー・イェイツなどがいた。

1937年にはイギリス政府より国家年金が支給され、1938年にはフランス政府からレジオンドヌール勲章(シュヴァリエ)を贈られた。

家族[編集]

ドルメッチは3回の結婚歴があり、1903年に弟子の一人であったメイベル・ジョンストン(1874-1963)を3度目の妻とした。ドルメッチは家族に楽器製作の技術や演奏技術を伝え、家族は積極的に演奏会やワークショップに出演した。

  • メイベル・ドルメッチ:妻。バス・ヴィオール奏者。歴史的舞踊研究の権威。
  • ルドルフ・ドルメッチ:長男。ハープシコード奏者。第二次世界大戦で戦死。
  • ナタリー・ドルメッチ:長女。ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者。ヴィオラ・ダ・ガンバ協会を創設した。
  • カール・フレデリック・ドルメッチ:次男。リコーダー奏者。父の死後、家業を継いだ。
  • セシル・ドルメッチ:次女。ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者。

参考文献[編集]

  • H. C. G. Matthews and Brian Harrison (editors): The Oxford Dictionary of national Biography, Oxford University Press, 2004. ISBN 0-19-861366-0
  • Percy Scholes: "The Oxford Companion to Music", 10th Edition, Oxford University Press, 1970

外部リンク[編集]