ダリッジ・カレッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダリッジ・カレッジの最も古い校舎。

ダリッジ・カレッジ: Dulwich College)は、イギリスロンドン南東郊外にある男子全寮制パブリックスクールエリザベス1世期に成功した俳優、エドワード・アレン1619年に12人の貧しい学者を育てるために創立した。現在のところ1450人の生徒が在籍しており、イギリス最大のパブリックスクールとなっている。

歴史[編集]

ダリッジに広大な領地を所有していたエドワード・アレンは慈善と教育のための施設を設立することを決断した。それは12人の貧しい学者を教育するためであった。

アレンは成功した俳優であったが、その富はクマいじめ (Bear-baiting) と売春業という不快な事業から得たものであり、恐らくそれらの事業で得た「道徳に反する」利益は建設費用から除外したものと思われる。創立日はジェイムスが書面にサインした1619年6月21日。教師は必ず未婚でなければならず、アレンと血のつながりがあることと規定されていた。

1869年、ダリッジ・カレッジは新たに設立された。当校は古い校地のダリッジ村(現在も礼拝堂は残っている)から移転した1857年にデザインの会議によって新たに設計された。新しい校舎は他の資材を用いたパラディオ様式ゴジック様式の赤煉瓦テラコッタを用いて建設され、チャールズ・バリーの息子によって建設された。同時に新しい校長のカーバーによって学校改革が行われ、校長はアレンの血を継ぐ者、または側近者ではなくなった。また学校はAクラスは新しい場所、Bクラスは村に残るという形で2つに分けられた。村は「アレンの学校」となり、現在もダリッジ村の両サイドに存在している。

第二次世界大戦中、ダリッジカレッジはスノーディアのBetws-y-Coedに疎開した。記念樹が植えられ、現在も村に残っている。

近年の発展[編集]

学校の運用資金は常に個人的なものであったが、周辺の大ロンドンの影響により20世紀中頃には全ての資金に公費が充てられるようになった。しかしこれらの「補助地域」は次第に姿を消し、遂に1997年に廃止された。

アレン学校とジェームズアレン女学校は同じ基金団に所属しており、国際大学としてプーケット上海北京に設立された。全てのフランチャイズ校はロンドン校の赤レンガであったが、これらの学校はモダンで東洋的な建築である。最近、プーケットのフランチャイズ校はカリキュラムに関して意見が合わず、フランチャイズ契約を解除した。現在は「イギリスカリキュラム国際大学プーケット」として知られている。

2000年には、甲南高等学校と姉妹提携をした。

絵画としてのダリッジ・カレッジ[編集]

1871年にカミーユ・ピサロが描いている

映画としてのダリッジ・カレッジ[編集]

ロンドンに近いこと、印象的な建築、田舎的な外見などから、ドキュメンタリードラマやテレビコマーシャルといった映画や特徴的な写真の撮影現場として有名である。周辺は学校の事業により「ダリッジ・カレッジ事業」として頻繁に宣伝されている。最近、ダリッジカレッジはトゥームレイダーキューティ・ブロンドのセットとして使わた。

著名な出身者[編集]

芸術[編集]

スポーツ[編集]

  • Trevor Bailey - クリケッター
  • Arthur Gilligan - イギリスクリケット代表
  • Andrew Sheridan - ラグビー選手
  • Keiran West - 金メダルリスト
  • Roger Knight (born 1946)cricketer and Secretary of the Marylebone Cricket Club
  • Nick Easter (born: 1977) Professional rugby Player for Premier League Harlequins

政界[編集]

  • Chris Mole Member of Parliament
  • Philip Hollobone Member of Parliament
  • Peter Lilley
  • His Excellency Anand Panyarachun
  • Hartley Shawcross
  • John Silkin
  • Samuel Silkin
  • John Spellar Member of Parliament
  • David Ford Leader of the Northern Irish Alliance Party and Member of the Northern Ireland Assembly

その他[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]