アーティファクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アーティファクトアーチファクト (artifact, artefact) とは、人工物、工芸品のことである。

考古学[編集]

考古学古人類学などでは、「人工遺物」のことである。通常は単に「遺物」と呼ばれるが、日本語の「遺物」には、道具などのアーティファクトだけでなく、食べ残しなどの自然遺物 (remain) も含まれる。「人工遺物」はアーティファクトに限定したい場合に特に使われる表現である。なお、遺物に対し、建造物などの遺構はフィーチャー feature である。

遺物 人工遺物 artifact 道具、衣類、装身具 など
自然遺物(遺残) remain 種子、食べ残し、排泄物 など
遺構 feature 建築物、道路 など

自然物に対して、「人の手が加わったもの」という意味合いがある。例えばただの黒曜石のかけらは自然物だが、石器として人が加工していたことが分かった場合にはアーティファクトと呼ばれる。

その時代に有り得ない技術や知識によって作られた(と思われる)アーティファクトを out of place artifact(s)、略して oopart(s)オーパーツ)と言う。

ファンタジー[編集]

ファンタジー作品などでは、古代文明の方が現在よりも優れている設定が多いことから、遺物の意味から転じ、高度な技術によって作られた強力な道具(魔法の物品)を指すようになった。例えば『指輪物語』に登場する一つの指輪など。

自然科学[編集]

自然を対象とするはずの自然科学において、意図せずに人工のものが現れてしまうことがあり、これをアーティファクトと呼ぶ。

  • 信号処理などで、観測や解析の段階で発生したデータのエラーや信号のゆがみ。
  • 生物学などで、本来は生物体内に存在せず、固定などの実験操作によって細胞・組織内に生じた構造物。人為構造。