ユースケース図

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユースケース図

ユースケース図(-ず)とは、UMLで定義されている図のうちの1つである。 システムに対する要件を特定するために使用される。 システムには、どのようなアクタ(利用者)が存在するのか、 それぞれのアクタはどういった操作(ユースケース)をするのかを記述できる。 一般的に、ユースケース図はシステムの要求を定義する際に利用される。


関連項目[編集]